総務省のテレワークセキュリティガイドラインをチェックして安心できるWEB会議システムを導入

総務省のテレワークセキュリティガイドラインをチェックして安心できるWEB会議システムを導入のイメージ画像

現在では、Web会議・テレビ会議システムを利用して、テレワークを行う企業も増えてきました。テレワークを活用することで、出社せずに自宅からミーティングに参加する事も可能になるため、今後益々導入を検討される企業も増える事と思います。

ただ一方で、テレワークを利用したくても安全面でお悩み持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、テレワークをただ導入するだけではなく、安心して活用していただくために総務省のセキュリティガイドラインについて最低限知っておきたい内容をご紹介していきたいと思います。

総務省のセキュリティガイドラインは目的別に確認可能

総務省のHPにある「テレワークにおけるセキュリティ確保」を開くと、セキュリティガイドラインをチェックする事ができ、ここから自分の知りたい事や目的箇所を直ぐに確認する事ができます。

セキュリティガイドラインで重視されているのは、ルールと人と技術であり、ルールを定めることの大切さや、従業員がルールを守る重要性、どのようにルールを作成できるのかポイントについて紹介されています。

テレワークのパターンに応じた環境設定と提案

テレワークの重要な概念について理解することができるので、基礎知識を知ることが可能です。また、テレワークにはリモートデスクトップ方式、仮想デスクトップ方式、会社PCの持ち帰り方式などの6種類のパターンがあるので、それぞれのパターンに応じた適切な環境設定や提案方法についても直ぐに知る事ができます。

さらに、リモートワークで大事になるポジションは経営者、情報システム担当者、実務者なので、それぞれの意識や考え方について項目別に確認する事ができるだけでなく、セキュリティ対策における補助金や助成金の申請や条件についても理解を深める事が出来るといった内容になっています。

WEB会議関連のネットワーク用語の解説やVPNの接続方式等の説明がまとめられている

総務省のセキュリティガイドを確認すると、ネットワーク用語やVPNの方式説明が記載されており、ITに関して知識と理解を深める事ができます。テレワークを行う際、セキュリティ対策は大事ですが、説明にはネットワーク用語が多く使用されるので、これまで聞いた事がない言葉が出てくる場合もあるかもしれません。

例えば、セキュリティには統合型アプライアンスと言われるUTM、暗号化製品など、様々な用語があります。しかし、それぞれの用語を逐一調べるのは手間がかかってしまいます。ですが、セキュリティガイドラインを使って確認する事で、その内容が理解できるようになっています。

特にセキュリティ関連でもよく登場するのが「VPN」と言われる仮想専用回線です。
これは、在宅勤務で使用するWi-Fiルーターやカフェなどで使用するフリーWi-Fiの場面で情報漏洩などのリスクから守るためのものですが、こちらのVPNについても、セキュリティガイドラインには分かりやすく記載されていますので、導入する際にはきっとお役に立つはずです。

WEB会議やテレワークに限らず、セキュリティ方針を作成する基礎資料としてもおすすめ

総務省のセキュリティガイドラインはセキュリティ方針の資料作成として活用する事が出来ます。
というのも、セキュリティガイドラインにはネットワーク用語やセキュリティの重要性はもちろん、テレワークで注意しておきたいポイントや、それぞれの立場に応じた考えるべきポイントについて説明されているからです。

また、セキュリティに対しての基本的な事も記載されているため、例えば情報システム担当者の方には、セキュリティガイドにあるマルウェアなどのウイルスや不正アクセスの対策について資料としてもお役立ていただけるようになっています。
自社で独自の資料作成をしてテレワーク対策を行うこともできますが、重要な部分が抜け落ちてしまわないよう、セキュリティガイドラインのご利用はおすすめとなっております。

テレワークの導入に向けて、段階的に必要なところを噛み砕く形で取り入れていかれてはいかがでしょうか?

もしあなたの会社でも、これからテレワークの導入を検討されているのなら、総務省のセキュリティガイドラインはおすすめです。
というのも、総務省のセキュリティガイドラインは

  • セキュリティに関して項目ごとに分かれているので理解しやすい
  • 今、自分に必要な知識を得るために役立つ
  • 社員全員とセキュリティ対策について共有する際の資料として使える

といったガイドラインだからです。
とはいえ、内容はかなりボリュームがありますので、まずは必要な部分だけザックリご覧になってみてはいかがでしょうか?

テレワークを安全安心に利用するために、是非一度、総務省のセキュリティガイドラインをご覧になってみてください。

総務省:テレワークにおけるセキュリティ確保
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/cybersecurity/telework/

関連ページ