テレビ会議の導入!アフターコロナの働き方はどう変化する?

テレビ会議の導入!アフターコロナの働き方はどう変化する?のイメージ画像

新型コロナウィルスの感染拡大によって極力密な接触を控えることが推奨され、働き方にも大きな影響が及びました。今まではマイノリティと考えられていた在宅勤務が望まれる業務体制になり、日本の各企業にとっては急速な「働き方改革」を迫られる形となりました。

この状況下で感染防止対策のひとつとして、遠隔コミュニケーションツールとして専用機を用いたテレビ会議や主にパソコンを用いるWeb会議は新しい働き方との親和性が非常に高く導入を急ぐ企業が増えています。

新型コロナウィルスがもたらした、働き方や生活様式の変化

遠隔コミュニケーションが当たり前に

感染防止策として人同士の接触を避けて遠隔コミュニケーションを行うシーンは当たり前のように目にします。それは働き方にも反映され、遠隔で業務連携を行うテレビ会議やWeb会議の仕組み導入は業務遂行するために必要不可欠なものとなっています。

テレワークとの親和性が高い企業では、緊急事態宣言が解除された後でも在宅勤務を継続している企業も少なくありません。

導入を余儀なくされ働き方が変化

これまで日本では、現場に直接赴く働き方が標準スタイルのようなイメージでした。しかし、感染防止対策として外出自粛が要請されると、企業はテレビ会議やWeb会議などを利用したテレワークなど、遠隔コミュニケーションを導入することが余儀なくされ、日本の業務様相は一変しました。

新しい働き方への気づきへ

働き方の変化に伴い実践することで、在宅勤務の生産性が再確認されるようになり、所によっては生産性が向上しているという声も挙がるようになり、これまではフリーランスの方などが主であった在宅勤務という新しい働き方のメリットに注目が集まることになりました。

担当業務によっては在宅や事務所以外の場所で業務が行えることが見えてきて、様々な気づきをもたらしています。

感染防止だけではない!テレワークのメリット

感染防止以外にもテレワークのメリットがあります。自宅勤務という性質から、通勤手当などのコストを削減できるほか、育児や介護に携わる社員の雇用が継続できます。さらに、テレビ会話という間接的なコミュニケーションになるため、物理的なハラスメントの防止にもつながります。

「働き方改革」への多大な貢献も見逃せない

働き方改革とは、待遇改善や多様な働き方の実現を目指し、労働力や生産性の向上を図るという政府の重要政策です。テレワークの台頭によって「社外での勤務」という選択肢が増えたことから、働き方の多様性を広げることに一役買っており、テレワーク導入で働き方改革を成し遂げた企業も存在します。

変化の過程で問題や課題もある

今までの日本は出勤して働く会社勤務が主流であり、コロナショック前までテレワークの導入率は20%にも満たない状況でした。急な働き方の変化に追いつけない企業は多く、テレワークの普及には様々な問題を解決する必要があります。

セキュリティ面の管理体制が整っていない

テレワークに適応できない一番の原因が、セキュリティ性の確保です。自宅勤務という形式上から社外へ情報を持ち出すことになる上、オンラインという空間はハッキングなどの恐れがあり、機密性の保持ができないなどの欠点があります。

業務体制の変化によるストレス悪化の危険

新しい勤務形態にストレスを溜める人も少なくなく、直接的なコミュニケーションが取れないことで心身を病んでしまう人もいます。コンディションの低下は連携の乱れや生産率の悪化を招くため、テレワークに適応するまでのストレス対策が必要です。

新しい業務体制の整備とサポートの充実化が必要

テレワークの適応化には、業務形態の見直しを始めとした労働環境の整備が必要になりますが、労務管理の変更には大幅なコストがかかります。助成金やツールの開発など、テレワーク導入を支援するサポートの充実化も急がなくてはなりません。

今後、ますます変化していく

今は急な働き方の変化に追いつけず、課題のクリアに難渋している状況ですが、新型コロナウィルスがもたらした災厄は、働き方の選択肢が少なかった日本にとって、働き方の変化を促すひとつの機会となり、それに伴って体制づくりも進んでいくと思われます。

関連ページ