Web会議・テレビ会議とは?両者の違いと比較

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響もあって、在宅勤務や出張禁止・遠隔会議・遠隔商談…といったビジネスシーンにおいては、直接会わずに遠隔(リモート)でのコミュニケーション手法が注目されるようになりました。このような状況から、これまでの働き方に対してのあり方を見直す企業様も非常に増えています。

今後、Web会議やテレビ会議といった仕組みを活用して離れた人同士がコミュニケーションを取り合うことは、より一般的な風景になっていくことが予測されます。

Web会議とテレビ会議の違い

Web会議とテレビ会議は、広義では「オンライン会議」とも呼ばれることもあり、離れた相手とモニター画面を通じてやり取りするという点では共通していますが、狭義では両者を比較してみると特性や仕組みに違いがあります。

ここでは、Web会議・テレビ会議それぞれの特性や仕組みの違い、そして、それぞれがどのようなシーンでその特性を発揮できるかについて、互いを比較しながらご紹介していきます。

Web会議・テレビ会議、特性の比較

一般的に「Web会議」はパソコンやスマートフォンなどの端末からアプリケーションやWebブラウザを介して使用するものを指し、「テレビ会議」は専用機器を用いて会議を行うものを指します。
互いの特性を理解し、シーンに応じてそれぞれを使い分けることで、より効果的に活用できるようになります。

まずはWeb会議・テレビ会議それぞれの特性を並べて比較してみましょう。

  Web会議 テレビ会議
概要 パソコンやスマートフォンから対応端末を自由に選び、アプリケーションやWebブラウザを介して接続する。一人が1つの端末を使用し、1対1もしくは、一人ずつが複数といった形式での会議が多く見られる。 会社の会議室などに専用機器を据え置き設置し、モニターやカメラ・スピーカーマイクなどを用いて接続する。複数名が各拠点の会議室に集まり、その拠点間をつないで会議を行う形式が多い。
メリット
利用場所を選ばない
セキュリティ面やマナー面の注意が必要となるが、Web会議は接続できるネットワーク環境があれば場所を選ばずどこでもからでも利用できる。
導入コストが安価
一時的に無料で使えるものや、低価格帯で導入が可能なサービスがある。 機材は既存で使用の端末を使うことが多いため、機器の追加は必要な場合に限られる。
安定した接続性と品質
専用機器を使用するためトラブルが起きにくく、安定した接続性でクリアな映像や音声を届けやすく、通信状況にもよるが遅延(ラグ)も落ち着きやすい。
簡単な操作性で社内定着しやすい
テレビ会議のために設計された機器であり、据え置きなので都度設定も要らず、誰でも簡単に操作できる。そのため、社内でも定着しやすい。
デメリット
品質が通信環境や端末状況に依存
利用する端末のスペック・設定・他アプリの干渉、そして通信環境によって, 映像・音声品質が左右される。接続者が多いほどトラブル発生率も高くなる。
複雑な設定などは利用者を選ぶ
パソコンやスマートフォンだけでなく、ネットワーク環境など、複雑な設定やトラブル対応は、ある程度扱いに慣れて状況が理解できる知識が要求される。
機器の設置場所が限定される
会議室などに据え置きで設置することが前提のため、場所移動など設置場所を変更するには配線のし直しなどの労力が必要となる。
導入コスト・運用コストが必要
テレビ会議専用の端末・カメラやマイク・スピーカー、設備関連といった環境を整えるためのコストが必要となる。 (オンプレミスの場合はサーバーも必要)
必要な
機材・環境
ノートPCやスマートフォンなどの端末。 必要に応じてカメラやスピーカーマイク、ヘッドセット。 また、通信環境と周囲に問題無く会議が行えるスペースの確保が必要。 テレビ会議専用機器のほか、利用可能なモニター・カメラ・スピーカーマイクといった周辺機器が必須。

利用シーンイメージの比較

次に、Web会議とテレビ会議がそれぞれ、どのようなシーンで利用されることでその特性を発揮できるのか、それぞれがの会議シーンイメージを挙げていきます。

  Web会議 テレビ会議
得意分野
一人 対 一人の少人数会議
個人同士が利用端末と場所を自由に選んで接続するような少人数会議。
社外の方や突発的な会議
社外の方などと利用システムに囚われなく行いたい場合や、特に定まった予定を決めず突発的に行う会議。
複数名 対 複数名の会議
拠点ごとの会議室などに複数名が集まり、拠点同士を接続する会議。
重要度の高い会議
重要な意思決定がなされる経営会議や戦略会議といった、接続トラブルをできる限り抑えたい会議。
利用
シーン例
  • 他拠点スタッフとの単独ミーティング
  • 取引先との打ち合わせ
  • オンライン商談
  • オンラインセミナー
  • テレワーク
  • 他拠点との多人数会議
  • 他拠点オフィスや製造現場と常時接続
  • 内定式や入社式といった社内イベント
  • 社内研修
  • テレワークスタッフと常時接続

テレビ会議を選ぶ際に気をつけること

Web会議・テレビ会議の違いをご紹介しましたが、では実際にどのような点に注意してシステムを選ぶべきか、注意すべきポイントをご紹介します。

音声が途切れにくいものを選ぶ

テレビ会議は、映像が見えるという製品のため、どうしても映像に目が行きがちです。しかし、実際の会議では映像よりも音声が重要になるケースのほうが多いです。
映像は多少乱れていても、会議としては進行可能ですが音声はそうは行きません。途切れ途切れの音声の中で、何度も聞き返すような会議は非常にストレスとなります。

導入する目的を明確にしておく

近年はWeb会議・テレビ会議ともに、非常に機能が充実してきており、多機能に目が行きがちです。
その機能が最初に立てた本来の目的に本当に必要なのか、目的から外れていないか、導入目的を明確にして照らし合わせ、選定検討を行ってください。

自社で利用しているシーンをイメージする

実際にテレビ会議を導入し、利用しているシーンをイメージすることも大変重要です。どのような使い方をするのか、どのような問題が起こり得るのか、可能な限り想定したり導入コンサルタントのアドバイスを受けながら、最適な機器の導入を検討すべきです。

現場から直接電話ができるサポートがあること

サポートサービスは、メール受付のみや電話対応があるもの、時間が限られているもの等、様々です。
先述の導入後をイメージすることにも関係しますが、導入時に起こりうるエラーや疑問・質問に対して、それに応えてくれるサポート窓口電話があるのかは、大変重要なポイントです。導入担当者に電話が集中せず、専門知識を持ったテクニカルサポートに、現場から直接問い合わせが可能なサポート体制が、スムーズな運用に重要な要素となります。

テレビ会議 運用時に気をつけること

テレビ会議には通常の対面会議とはまた異なったマナーポイントや運用時に気を配るポイントがあります。機器だけでなく社内へのマナーやルール周知は、快適に運用するための必要要素です。

音声オンオフのマナー

テレビ会議のスピーカーマイクは、紙の擦り音やキータイピングの音など小さな音も拾うケースがあり、話者の音声の妨げになり得ます。自拠点が話さない場合はマイクオフにする。スピーカーマイク周辺ではなるべく音を立てないといった気配りが重要です。

画角・ライト

室内のライト・環境により、カメラを通すと妙に暗く映し出されていたり、逆光で人が全く見えないといったケースはよく起こりえます。参加者と最適なビジュアルコミュニケーションを取るためにも、自拠点が今どのように表示されているのか、事前にチェックしておくと良いでしょう。

会議前のテスト接続

テレビ会議の使用になれた方が各拠点におられるなら、頻繁に行う必要はありませんが、特に重要な会議や使い慣れていない方がいるのであれば、事前に操作して接続テストを行うこと良いでしょう。いざ会議が始まってからつながらない…。不安定だ…といったことで、それを改善するための時間は参加者にストレスを与えてしまいます。
安定したテレビ会議と過信するのではなく、準備としてテスト接続は積極的に行ってください。

テレビ会議の導入による効果

テレビ会議システムは、遠く離れた方と身近に居るような感覚でやり取りできる最高のコミュニケーションツールですが、導入効果はそれ留まりません。テレビ会議の導入により得られる有効な効果の例をご紹介します。

コスト削減効果

現地に赴く会議や面談・商談には、必ず移動コストが発生します。それが遠方であればあるほど、回数が重なるほどにコストは積み重なります。テレビ会議の導入により不要な移動が無くなれば、非常に大きなコスト削減効果をもたらします。

テレビ会議導入を検討される際は、導入コストと削減効果の比較を検討材料にしてください。

移動時間を仕事時間に転換

移動コストの削減効果にフォーカスを当てましたが、移動時間の削減にも期待ができます。近年では遠隔商談が増加傾向にありますが、その理由は商談機会の増加が有効なためです。また、削減された時間を別の業務に割り当てるといった業務効率の向上につながっています。
コスト削減+業務効率の向上というポイントに注目してください。

マネジメントのスピードアップ

テレビ会議によりコミュニケーションはより親密になり、離れた拠点の上長との協議は深まります。そうなると、業務決済のスピードアップにもなり、マネージャーとしても直接確認しやすくなるため、マネジメントスピードの向上が期待できます。

新たなワークスタイル

テレワークやサテライトオフィスといった、近年取り入れられるワークスタイルにおいてもテレビ会議は非常に有効なツールです。 次世代のワークスタイルには欠かせないツールになることでしょう。

テレビ会議の用途

テレビ会議システムは遠隔で拠点や人をつなぐビジュアルコミュニケーションツールですが、利用用途を追求すると多彩な活用用途があります。実際に活用されている用途の例をご紹介します。

会議・各種打ち合わせ
重要な役員会議から業務レベルの打ち合わせまで幅広い会議形態に対応する最もベーシックな用途。意思疎通の機会が増えれば業務スピードが向上し、生産性のアップにもつながります。
人事・研修
全国へ一斉に研修ができる為、講師が各地に出張したり、社員を研修会場に集める必要がなく、地域ごとの知識格差を生じさせずに情報を展開することが可能です。
常時接続
複数の拠点や店舗を常時テレビ会議で接続された状態にし、各オフィスの状況把握ができるようにします。他のオフィスとの情報共有や連携もスピーディになり、社員間の交流促進にもつながります。
テレワーク
テレビ会議システムなら自宅やサテライトオフィス、外出先といったオフィス外からも簡単にテレビ会議につなげることができますので、勤務場所を選んで働くテレワークに最適です。密なコミュニケーションを図れる重要なツールになります。
無人受付
人手不足や需要が少ない場所に、無人受付コーナーを設けることができます。まるで目の前にスタッフがいるかのように対応ができ、押しボタンを設置してスタッフを呼び出したり、人感センサーを設置すれば入室感知でコールセンターにかけることも可能です。
遠隔医療
高精細な映像により医師と患者が離れた場所にいても診療が可能です。また、超音波映像やCT画像なども移すことができるため、連携病院間で手術前カンファレンスにも利用いただけます。
イベント
展示会のブースから工場につないで工場の技術者と話をできるようにしたり、 セミナー会場の様子をテレビ会議を通じて配信する等、イベント中継用途でテレビ会議が活用することができます。 遠方で参加できない顧客に対しても、 会場にいる時と近い体験を提供することが可能になります。
その他
テレビ会議は様々なシーンで活用されています。例えば、災害が発生することを見越した BCP 対策として、または遠く離れた 工場や倉庫などを本社から監視するためなど、様々です。お客様の実現したいニーズに合ったテレビ会議の機器構成、運 用方法をご案内いたします。

Web会議・テレビ会議でよくあるご質問

サービスによって変わりますが、無料サービスは使える機能に制限がある場合がほとんどです。また、無料版はトラブル時に万全なサポートを受けられない可能性もあります。

利用目的にもよりますが、複数人による会議を行うのであれば有料サービスの利用がオススメです。
もし何らかの問題で会議がスムーズに進行できなくなった時、トラブルを解決できなければ参加者全員の時間が無駄となり、意思疎通や業務にも支障をきたす可能性があります。

パソコンや周辺機器の設定に精通した人がいれば、ある程度のトラブルは解決できるかもしれませんが、専門のサポート体制の整った有料サービスの方が断然安心です。

LoopGateは「簡単に安心して利用できる」ことを強みにしています。
以下のような課題をお持ちの企業様には特にオススメです。

  • 安定して接続したい。
  • トラブルが出たときに解決しきれない。
  • トラブルで特定の担当者に問い合わせが殺到している。
  • 特定のスタッフしか利用できていない。
  • セキュリティを考慮した接続をしたい。
  • 多地点で接続することが多い。
  • 常時接続したい。

LoopGateは銀行や官公庁といったセキュリティを重視される業種にも採用いただいております。

  • AES暗号化
  • 管理者コードで設定権を限定
  • オンプレミス対応
  • シリアル番号、会員番号、暗証番号による多重認証によるなりすまし防止
  • グループ以外の着信を拒否する発信者チェック機能

もちろん使えます。
LoopGateにはwindows10で動作するソフトウェア版もあり、例えば事務所拠点には専用機を設置して、テレワークを行うスタッフはソフトウェア版を使用する…という連携利用が可能です。もちろん、多地点での接続にも対応しております。

テレワーク利用については、こちらのページもご参考ください。

テレワークではパソコン上で動かすWeb会議も有用ですがパソコンと区別して動作するLoopGateもオススメです。

各家庭に導入できる価格帯で、なおかつテレワーク補助金の対象にもなると思われます。

テレワーク補助金はこちら

  • 事前に必要な情報を設定して出荷しますので、各現場では箱から出せば直ぐに使えます。
  • セキュリティが厳重な場合、通信が遮断される場合がありますが、ネットワーク設定ツールによって事前にチェックすることが可能です。詳しくはお問い合わせください。

テレビ会議 LoopGate について

ギンガシステムのテレビ会議システム「LoopGate」は、テレビ会議の開発を手掛けて 20 年以上の実績を持ち、簡単な操作 でつながることを重視した製品です。

機能・仕様

LoopGate の機能・仕様についてご紹介しております。LoopGate はシリーズを通してバージョンアップを重ね、最新の技術を 駆使して圧倒的な品質と安定性を実現しております。

機能・仕様の詳細を見る

ご導入までの流れ

お問い合わせいただいてから運用開始までの流れをご案内いたします。

ご導入までの流れの詳細を見る

周辺機器について

テレビ会議で必須となるカメラ・マイクスピーカーのご紹介をはじめ、セミナーや研修でご活用いただける機器、無人テレビ電話 窓口用の機器などといった周辺機器をご紹介いたします。

周辺機器の詳細を見る

テレビ会議 LoopGate forPC / forTablet

LoopGate には、Windows10 上で動作する for PC 版と、iOS 上で動作する for Tablet 版がございます。どちらも、専 用機版 LoopGate のコンセプト「簡単につながる」をコンセプトに開発されたソフトウェアです。専用機版 LoopGate とも接 続でき、「Web 会議」としての利用も可能な製品となります。
例えば専用機版 LoopGate はオフィスの会議室に設置し、出先からの会議参加が多いスタッフは LoopGate for PC を用いてノートPC を使用する...といった運用が可能になります。

自社の利用用途や目的に合わせて導入をご検討ください。

テレビ会議 LoopGate オンプレミス版

テレビ会議はインターネットを通じて拠点間を接続するクラウド型が主流ですが、セキュリティ性をより重視してインターネットを 経由しない閉域化された環境で接続する方法「オンプレミス型」があります。

テレビ会議の情報が一切外部に漏れてはいけない...といったような、高いセキュリティポリシーをお持ちの場合は、オンプレミス 版 LoopGate の導入がおすすめです。

LoopGate オンプレミス版の詳細を見る

テレビ会議 LoopGate 導入による効果事例

実際に LoopGate を導入しご活用されておられる企業様の効果事例をご紹介します。

声が届くようになり、心理的距離が近くに

Web 会議システムと比較したが、LoopGate は特に音声や映像がクリアであったことが決め手でした。
特に音声は Web 会議と違って相手の言葉が聞き取りやすく明瞭で、画面越しでなく、まるで対面で話をしているような距 離感で会話することができるように。以前のシステムは音の途切れが頻繁にあったため、会議中に何度も聞き返されたり、 何度も説明をし直すということがストレスだったが、LoopGate はお互いにストレスなくとても快適に話せるようになりました。

事例を詳しく見る

遠方のイベント会場が繋がり連携が実現

誰もが簡単に使える操作性があり、なおかつ遠隔でイベントを行う上で最も重要なポイントである双方向性や映像及び音声の品質が保たれていたことに高い評価をいただきました。またギンガシステムが経験してきた遠隔イベント等の提案・実績 が導入の決めてとなりました。

事例を詳しく見る

常時接続で社内の様子が見えるように

パソコンタイプの Web 会議では安価である反面「常時接続」ができないデメリットを感じておられました。
また、テレビ会議を導入する目的が、常時拠点をつなぎたいということでしたが、従量課金などの課題があって目的に沿う製 品を探されていた折、LoopGate にご注目いただきました。
LoopGate であれば、海外(ベトナム)との接続においても安定して「常時接続」できる上、価格的にも安価で要件を満 たせる唯一の製品と評価をいただき、導入いただいております。

事例を詳しく見る

テレビ会議と Web 会議の比較表

LoopGate と他のテレビ会議システム、Web 会議システムとの違いを比較しそれぞれの特徴についてまとめました。 専用機を使用する「テレビ会議」と主にパソコンで使用する「Web 会議」との違いだけでなく、専用機タイプの中でも他社製 品と LoopGate の違い・特徴など、テレビ会議システム選びの参考にしてください。

接続の安定性

LoopGate
(専用機)
非常に安定性が高い。
長時間や常時接続ができる。
他社テレビ会議システム
(専用機)
非常に安定性が高い。
長時間接続ができる
LoopGate for PC
(パソコン)
専用機タイプに劣るが安定。※専用機のノウハウを活用
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
頻繁に切断され不安定な場合がある。

操作性

LoopGate
(専用機)
どなたでも簡単に扱えるワンタッチ操作
他社テレビ会議システム
(専用機)
ほとんどの方が扱うことが可能
専用のリモコン使用して接続
LoopGate for PC
(パソコン)
クリック操作で簡単にご利用可能
LoopGateシリーズとして操作方法が似ているため使いやすい
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
パソコン操作の知識が必要なため扱えない方が出てくる

サポート体制

LoopGate
(専用機)
技術スタッフが直接電話対応
(平日7:30-21:00、土日祝9:00-18:00)
専用機のため解決までの時間が早い
他社テレビ会議システム
(専用機)
窓口は平日9:00-17:00が多い
一次対応のみとなり解決に時間がかかる場合がある
LoopGate for PC
(パソコン)
技術スタッフが直接電話対応
(平日7:30-21:00、土日祝9:00-18:00)
PCの使用環境によって解決に時間がかかる場合がある
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
窓口は平日9:00-17:00やメール・チャットでの対応が多い
PCの使用環境によって解決に時間がかかる場合がある

多地点接続

LoopGate
(専用機)
クラウドサービスを利用でき、初期導入コスト、
運用保守の手間を軽減できる
他社テレビ会議システム
(専用機)
高額なサーバの導入と運用が必要
LoopGate for PC
(パソコン)
クラウドサービスを利用でき、初期導入コスト、
運用保守の手間を軽減できる利用でき
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
クラウドサービスを利用でき、初期導入コスト、
運用保守の手間を軽減できる利用でき

画質・映像の鮮明さ

LoopGate
(専用機)
フルHD対応の高画質で鮮明な映像。
映像遅延も少ない。
他社テレビ会議システム
(専用機)
フルHD対応で高画質なものが主流。
映像の遅延も少ない。
LoopGate for PC
(パソコン)
フルHD対応の高画質。ただし、安定性は専用機に比べ劣る。
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
頻繁に切断され不安定な場合がある。
通信状況によっては映像遅延やフリーズが発生。

音声の聞こえやすさ

LoopGate
(専用機)
遅延も少なく高音質で音声が聞き取りやすい。
他社テレビ会議システム
(専用機)
遅延も少なく高音質で音声が聞き取りやすい。
LoopGate for PC
(パソコン)
高音質だが安定性は専用機に比べ劣る
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
音声が途切れたり遅延が発生

導入価格

LoopGate
(専用機)
専用機タイプなのに低価格、多地点接続サーバの導入不要
1週間の無料デモ機お貸し出しにより体験も可能
他社テレビ会議システム
(専用機)
一般的には高額なケースが多い
多地点接続時に専用サーバの設置が必要
LoopGate for PC
(パソコン)
比較的安価に導入可能
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
安価に導入可能
機能を制限した試用版の提供などがある

導入しやすさ

LoopGate
(専用機)
社内LANをそのまま使用できるため導入ハードルが低い
他社テレビ会議システム
(専用機)
専用のネットワーク構築や回線帯域の確保が
必要な場合があり導入ハードルが高い
LoopGate for PC
(パソコン)
端末へのインストールや設定が必要で
手間がかかる
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
端末へのインストールや設定が必要で
手間がかかる

利用の柔軟性

LoopGate
(専用機)
会議室など主に社内で利用
(固定IPアドレスは不要)
他社テレビ会議システム
(専用機)
会議室など主に社内で利用
(固定IPアドレスが必要なケースがある)
LoopGate for PC
(パソコン)
パソコンからの接続が可能なため、
外出先でも利用可能
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
パソコンやスマホからの接続が可能なため、
外出先でも利用可能

活用シーン

LoopGate
(専用機)
会議・研修・朝礼・常時接続・遠隔受付など
多岐にわたる
他社テレビ会議システム
(専用機)
会議室に据え置きされる場合が多く場所移動しにくい
役員会議・大型会議で使われるシーンが多い
LoopGate for PC
(パソコン)
出張先からの会議参加など社外からも活用できる
Web会議システム
(パソコン・スマホ)
出張先からの会議参加など社外からも活用できる

補助金の活用

近年の日本国内の働き方改革推進に伴い、厚生労働省などではテレワークの導入推進などを支援する、助成金制度が ございます。(令和 2 年 6 月 1 日現在)

テレビ会議の導入にあたっては、こういった行政・自治体の助成金制度の活用も検討してみてはいかがでしょうか。