情報共有のイメージ画像

情報共有

オフィス間を常にテレビ会議で接続することによって、 常に他のオフィスの状況を把握でき、共有事項があれば即時の共有が可能になります。また、全支店合同での朝礼を毎朝テレビ会議で実施すれば、 全社宛の方針の発信もタイムリーに実施できるようになります。

常時接続

複数のオフィスや事業所、店舗を常にテレビ会議で接続された状態にし、各オフィスの状況把握ができるようにします。

他のオフィスとの情報共有がスピーディにできる他、離れた事業所同士にいる社員間の交流促進にもつながり、結果的に社員間の連携力向上も見込めます。

朝礼

毎朝の朝礼を事業所毎に行うのではなく、テレビ会議を使って全事業所合同で行います。

全社宛の情報発信の他にも、スピーチコーナーなどを設けて発表させることで、普段接することのない社員同士の相互理解を促進することにもなります。

情報共有に活用している事例を見る