<いるのがわからないと声もかけられないが、常時接続されているので「社内にいる(手が空いている)ようだ」と思える。そこで初めて一つの空間になる>

株式会社プレック 様

精密部品や切削加工、NC旋盤加工を得意とするプレックはお客様の企画を「製造」から「熱処理」まで一貫したラインでトータルサポート。自動旋盤機で、精密切削加工し、確かな「技術」と「速さ」で信頼性の高い精密な製品をお届けします。

業種:
企業規模:
活用シーン:

導入の背景

ベトナムとのコミュニケーションを円滑にしたい。会議室だけではなくオフィススペースを常時接続したい。

精密部品切削業務などを手がけるプレックではベトナム工場と東京の事業部との間で、製造や品質の確認などの日常的なコミュニケーションに課題を抱えていた。
距離があり日々発生している問題への対応スピードなど業務にストレスがあり改善を目指していた。

ご利用風景(東京本社側)

導入の決め手

安定して「常時接続」できる唯一の製品がLoopGateだった。

パソコンタイプの製品だと安価だけど「常時接続」できない。
つなぎっぱなしにしようと思っても相手側が席を外していると呼びかけられなかったり繋ぎっぱなしにできないという点が問題だった。
専用機タイプの製品も比較したが、常時接続できるものがなく、従量課金制となってしまうなど、常時接続には無理があった。
ギンガシステムはベトナムとの接続においても安定して「常時接続」できる上、価格的にも安価で、要件を満たす唯一の製品だった。

導入による効果

常時接続でいつでも声かけられるというのが最大の利点!

私達はLoopGateをオフィスフロアに置いて使っているので、3事業部、4事業部が同時に話せるというところも良いですね。
会社ですので、日々なにかやっぱり問題は起きているわけです。
例えば品質クレームにおいても、製品が「こんな状態だ」というのをすぐに見せられて、そこで判断を仰げます。
このように主に立ち話で、思い立った時に使うという点が一番良いですね。いちいち会議室に集まらなくて済みますから、コミュニケーションがかなり円滑になりますし、それによって問題の対処や意思決定が早くなり、不必要な社内調整が減っていると思います。つまり業務効率が向上しています。

今後の展望

「同じ空間」というところが大きなポイント

いるのがわからないと声もかけられないが、常時接続されているので「社内にいる(手が空いている)ようだ」と思える。そこで初めて一つの空間になる。
今後は同じ事業所の別フロアとの常時接続や、つくばにある工場とも接続を増やしていくご意向であると村井社長からお聞きすることができた。

他の事例を見る

同じ業種の事例を見る

同じ活用シーンの事例を見る

同じ企業規模の事例を見る