テレワークして分かった常時接続のありがたみ!現場からの実体験レポート

テレワークして分かった常時接続のありがたみ!現場からの実体験レポートのイメージ画像

弊社は普段から、東京と大阪のオフィスをLoopGateで常時接続し、いつでもコミュニケーションが取れる環境を整えています。
東京、大阪と分断された状態ではなくモニター越しにオフィスがつながっているので、互いに声を掛け合って意見交換や業務連携を図ることは、弊社では日常の当たり前なシーンとなっています。

そのような中、コロナ禍の影響もあってテレワークを導入することになりましたが、テレワーク中でも業務中はLoopGateでオフィスと常時接続しているので、互いの様子がいつでも把握できます。

オフィスに居る時の常時接続は当たり前に思えていましたが、テレワーク中の常時接続となると、そのありがたみを改めて実感することがありました。
今回は、テレワーク中の常時接続のありがたみを実体験レポートとして皆様にご紹介いたします。

テレワークで分かったテレビ会議の常時接続のありがたみ

筆者のテレワークは自宅で行っております。最初は普段のオフィスと違って周りに誰も居ない静けさを感じ、これは静かで仕事が捗るなと意気揚々となりました。

業務相談のタイミングが図りやすい

あるタイミングで上司に相談したい要件が出てきました。

普段なら、視界に捉えた上司にタイミングを見て声を掛けますが、テレワーク中はそうも行かず、声を掛けるタイミングが結構難しいのです。ちょっと電話しようにも、上司がもし会議中だったりしたら、迷惑を掛けてしまうので躊躇してしまいます。
チャットやメッセージアプリで状況を伺えば良いと思いますが、そう頻繁にメッセージをチェックしていないだろうし、返答させる手間を掛けてしまいます。

そんな時、常時接続中の画面を見れば、相手の状況が直ぐに把握できます。会議中なら席に居ないし、電話中だということもわかります。
相手の様子が確認できなければ、しばらくモヤモヤして無駄な時間をかけていたと思います。

テレワーク中でも孤独は感じない

ある新入社員へのアンケートで、コロナ禍中のテレワークで感じたことをアンケートにまとめた記事を読んだことがありますが、多くの新入社員がテレワーク中に

  • 孤独感
  • 置いてけぼり感

このような感覚を持っているようです。
たしかに、いつもの賑やかさ(?)が無い自宅では、新入社員でなくても孤独感を感じる人は居ると思います。筆者は感じます。

弊社では、拠点の垣根を越えてスタッフ同士の声かけはかなり頻繁に行われており、互いの意見交換やコミュニケーションは業務を進める中でかなり重要な要素です。
テレワーク中といっても例外はなく、必要あればどんどん声掛けをしていきます。

常時接続でこちらの状況が見えているので、相手もこちらとコミュニケーションが取りやすく、声を掛けられると「見てくれている」という気持ちになります。
つまり、孤独感は感じるヒマはなく、置いてけぼり感などありません。これが一人で黙々とやることになると、オフィスが今どのような状況なのか、またモヤモヤしていたことでしょう。

弊社では皆が常時接続でつながり合っていることが、業務を進めるにあたって必要不可欠で、それが「当たり前」のことなのです。

顔を見てやるべき事が芽生える

これは少し変なタイトルですが、様々な仕事がある中で埋もれてしまったり、”なあなあ”になってしまうことは一定数あると思います。
しかし、仲間の顔を見ることで必要なことを思い出したり、カバーし合えたり、相手が進めやすい方法を考えたり…といった意識が芽生えることがあります。

このような事の積み重ねが、より良い仕事に結びついたり強い組織になっていくのではと、自宅に居ながらにして感じるようになりました。

今後ますます働き方が変化する中で、テレワークやサテライトオフィスといった人との直接の関わりまでも変化が加速すると思います。

弊社では当たり前の常時接続された場面は、世の中においても当たり前になりうるのではと感じます。
これまでのビジネススタイルを崩す必要はなく、業務上に置いて自然な形で常時接続を取り入れる方法を検討されてみてはいかがでしょうか?

関連ページ