オンプレミス型で29地点を接続。業務連絡、研修、各種会議などでの情報共有や意思決定まで幅広く活用!

長崎県警察本部 様

長崎県は九州地方の西北部に位置し、県庁所在地は長崎市です。五島列島をはじめ、壱岐島、対馬島など、47都道府県の中で最も島が多いことで有名です。

導入の背景

業務の合理化、働き方の見直し、災害警備体制の強化など、職場環境の向上を目的として

長崎県は、東西213km、南北307kmにおよび、その中の陸地(総面積4,131.00km2。令和元年10月1日現在)は平坦地に乏しく、いたるところに山岳、丘陵が起伏し、海岸線は多くの半島、岬と湾、入江から形成されており、海岸線の延長は4,171km(平成31年3月31日現在)におよび、北海道につぎ全国第二位(北方四島を除くと第一位)の長さを示しています。

長崎県警察では、このような地理的状況から、各種会議などに出席するための移動にかかる時間短縮や負担軽減による業務の合理化、遠方の勤務地で行っていた業務を自宅近くの警察署で行うなどの働き方の見直し、台風などの自然災害発生時における警備体制の強化といった職場環境の向上を目的として、テレビ会議システムの導入を検討しました。

長崎県警察本部 庁舎と海と山が織り成す美しい長崎の町並み
長崎県警察本部 庁舎と海と山が織り成す美しい長崎の町並み

導入の効果

  • リアルタイムに情報共有・会議や研修、災害対策での活用
  • 日本で最も島が多い地形での課題解決に貢献

長崎県警察では、最寄りの警察署でのサテライト勤務などを想定して、テレビ会議システムを導入。また、県内でも移動にかかる時間の影響は大きいが、LoopGateを通して、各種会議や教養、研修などが迅速に効率よく開催できるようになった。

これまでの課題

県内での移動に時間がかかる

県内には島も多いため、職員が集まって情報を共有するのは、その日程調整などを含め、多くの時間を要した。

情報の一次共有手段が電話やメールだった

電話では、情報の統一性に欠け、メールでは、正しく伝えるために補足説明が必要なことや、即時性が低いなどの課題があった。

複数人での意思疎通が難しい

間接的な連絡となったり、複数拠点でのディスカッションができなかったりするので、意思疎通や意思決定では、その調整などに時間を要する場合があった。

今後の会議はこのように実現できる

すぐに始められる

テレビ会議システムは、常設されているので、緊急時にすぐに会議などを始めることができる。特に有事の即応性は何よりも大事なポイントである。

一斉に情報を集約、発信できる

災害情報など、映像や画像などを交えて一斉に情報の集約が行える。意思決定した情報の配信もまた同様にリアルタイムに一斉に発信できる。

複数人でのディスカッションや情報共有ができる

全29拠点を同時に接続できるので、各担当者が情報を発信したり、解釈の違いを訂正したりすることができる。

テレビ会議システム選定において重視したこと

セキュリティを重視し、完全閉域型の通信網の中で利用できること

複雑な設定や配線が不要であること

納入時は、任意の場所に職員自らが設置できることが必要であったため、特にシンプルな設定及び配線であること。

専門知識を有しない者が利用できるインターフェイス

特定の職員に限らず、多くの職員が利用することを想定しているため、専門知識を必要とせずに利用できる簡単な操作性であること。

サポート窓口があること

平日だけではなく、土日祝日、夜間の利用も想定していることから、毎日問合せができる窓口があること。また会議の重要度などから、窓口のスタッフは、専門知識を有し、即時に問題解決が可能な熟練性があること。

お客様の声

各種会議などで活用しています。

現在、新型コロナウイルス感染症対策、職員の移動時間の縮減や負担軽減により、他の業務の時間が確保できるようになりました。
また、オンラインによる会議の環境が整備されたことにより、移動に係るコストも削減されています。

さらに、いつ発生してもおかしくない台風など自然災害発生時にも、本システムを活用し、迅速な情報共有などが可能になるものと期待しています。

長崎県警察本部における簡単テレビ会議オンプレミス版

LoopGateの活用法

会議室とサーバ
※画像はイメージです。

LoopGateの標準セット(8名)、大会議室セット(40名)とを、オンプレミス型のサーバを導入。完全閉域網の中で安定した会議をいつでも開催できるようになりました。

LoopGate(ループゲイト)の主な特徴

(1)ワンタッチでつながる簡単操作

LoopGateは「誰もが当たり前に、簡単に使える」がコンセプトのWeb会議・テレビ会議。難しい設定が不要なシンプル設計で、どなたでも簡単にワンタッチ操作ですぐに通話を始められます。パソコンなどに苦手意識のある方でも安心してご利用いただけます。

(2)信頼性の高い国内自社開発

事業開始から24年に渡り、品質にこだわりを持って、日本国内で自社開発を行っております。また、データサーバも国内の堅牢なデータセンターで運用しており、信頼性が高く、外国企業への委託もありませんので、海外機関がデータを参照することもなく安心です。
そのため、セキュリティを特に重視される中央省庁、官公庁、金融機関などでも多数の導入実績があります。

(3)安心の毎日サポート

毎日受付けの安心サポート体制です(平日7:30~21:00、土日祝9:00~18:00での受付となります)。万が一、会議でトラブルがあっても、一次対応から技術スタッフがお客様のサポートをいたします。

(4)フルHD画質、音楽CDと同等のクリアな音質

最大30コマ/秒のフルHDできめ細かく滑らかな映像を描写でき、音声に関しても音楽CDと同じ20kHzの音声帯域で、サンプリング周波数は音楽CD以上の48kHzを採用しています。相手がすぐそばにいるようなリアルな対話を実現します。

簡単テレビ会議LoopGate紹介サイト

https://loopgate.jp/

ギンガシステム株式会社について

ギンガシステム株式会社は、1997年にテレビ会議システムの専門メーカーとして事業をスタートしました。これまでに、企業規模、業種・業態、地域、民間/公共の有無を問わず、2,500社以上の小規模・中堅・大企業、官公庁・団体、大学など、様々な企業・組織および個人に8万台以上導入されており、広く評価されています。2017年9月29日には、簡単テレビ会議の新モデル「LoopGate」を販売開始しました。会議・打合せなどにご利用のほか、テレワーク・在宅勤務など時間や場所にとらわれずに業務を遂行できる勤務形態を実現し、非常時の事業継続性を維持(BCP:Business Continuity Plan)を支援しています。

詳細はギンガシステムのウェブサイトをご覧ください。

https://ginga-sys.jp/

本件に関するメディアからのお問い合わせ先

ギンガシステム株式会社 大阪オフィス
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満5-6-4 広報担当
TEL:06-7663-3300  FAX: 06-7663-3301
簡単テレビ会議LoopGate紹介サイト https://loopgate.jp/

他の事例を見る

同じ活用シーンの事例を見る