オンプレミス型Web会議が利用される場面、セキュリティが重要視される分野は?

オンプレミス型Web会議が利用される場面、セキュリティが重要視される分野は?のイメージ画像

オンプレミス型のWeb会議は、自社のネットワーク内に構築したサーバーを使用するのでシーンを選ばず、どこでも活用することができ「セキュリティ面でも安全に使用」することができます。

オンプレミス型Web会議のメリット

オンプレミス型Web会議システムのメリットは、自社のサーバーを使用してWeb 会議サービスを使用することができるので、第一に安全性の高さをメリットとしてあげることができます。また設定の変更も他のサーバーを解することなく柔軟に行うことができます。

クラウド型の場合には、機能や設定が限られていますが、オンプレミス型のサービスは 自在に自社サーバー内でカスタムをすることが可能となり、安定した品質でのコミュニケーションを可能としています。またクラウド型と比較しての違いは、クラウド型は「サーバーが混み合っているときなどはWeb会議のデータ配信やコミュニケーションに負荷がかかり品質が低下」することもあります。オンプレミスならば自社サーバーで湯有を持ってコミュニケーション等を可能としています。

オンプレミス型Web会議はこんなシーンでおすすめ

オンプレミス型は、個人情報を取り扱う企業や情報処理業務を担う部署等におすすめできます。高いセキュリティで、「安定した通信環境」で使用することができ「官公庁:気密性の高い重要な会議を行うことが可能です。個人データを多く取り扱う企業や多くの顧客データの管理などにも最適です。

頻繁にWeb 会議や情報処理を行う企業にも

情報処理やデータ管理を営む企業にもオンプレミス型のWeb会議システムはおすすめできます。「地方自治体や個人情報の行き来するやり取りが多い、この他、警察・医療現場・金融関係」など高いセキュリティが求められる現場でもニーズが高くおすすめできます。

会議だけでなく、説明会にも

会議だけでなく、説明会や「デモンストレーションやプレゼンテーション」などとして使用することができます。そのためあらかじめ録画しておいた動画データを説明会や、デモンストレーションとして使用することも可能で技術的なサポート等の窓口としても利用することが可能です。

オンプレミスとクラウド型を比較

オンプレミスとクラウド型を比較を下記に比較しました。これから導入を検討している方は参考にしてみてください。

オンプレミスクラウド
セキュリティ自社ネットワーク環境で使用できるのでセキュリティが高いインターネットを経由しているのでハッキングに注意
導入コスト
(初期費用)
高い安い
ランニングコスト固定ですが、企業やサーッビスのイボが大きい場合にはランニングコストが安くなるライセンスが決められている
導入までの期間導入するまでにエンジニアが介する契約後、即利用可能
カスタマイズ性様々なカスタマイズが可能となり、設定を自由に変更可能コースで分かれていて、制限が設けられているケースもあります。
災害・障害発生時の対応自社でエンジニアを呼んで対応サービス提供業者におまかせ

比較してみるとセキュリティを意識すべきシーンで行うWeb会議には、オンプレミスがおすすめということがわかります。また「カスタマイズ性」もオンプレミス型のほうが優れています。企業の活動に適した設定変更が可能なので、制限なく自在に使用したい事業者の方にはオンプレミス型がおすすめできます。

ただトラブルシューティングなどの際には、クラウド型のほうが早期解決ができる等、の違いもありますので事前によく検討してから導入しましょう。

より自社の目的に合うカスタマイズ

Web 会議システムを頻繁に利用している企業や、自社の業務に沿ったカスタマイズによって機能を独自のシステムとして利用したい方にはオンプレミス型がおすすめです。

毎日複数人と会議を繰り返して行う場合、データのやり取りを含めて様々な機能を負荷すると便利に会議をすすめることが可能です。

テキストデータへの書き出し

テキストデータへの書き出し機能があればWeb 会議の内容もテキストとして保存しておくことが可能です。「会議録の作成などに便利に機能」で、その他のツールと連携すると更にスムーズにテキストデータ作成が可能なWeb 会議システムもあります。

データ管理の業務効率化にも

Web 会議システムは会議でやり取りしいながらデータの交換なども可能となります。また社内でも指定した管理職だけ取り扱うことができるデータなども区別することができ、的確なデータ交換を可能としています。

動画データとして使用、各種説明会やプレゼンテーション等の模様も 各説明会やプレゼンテーションにWeb 会議システムも使用することが可能です。録画したデータを使用して説明会やプレゼンテーションとしても活用することができたり、会議だけでなく、説明会などにもそのまま動画を使用して公開するだけなので非常に便利に使用することが可能です。

まとめ

オンプレミス型のWeb 会議システムはカスタマイズを柔軟に可能としていて、様々な利用用途があります。クラウド型と比較しても自由度が高い利用が可能となりまた安全性が高いのはオンプレミス型のメリットとなります。自社で自在にWeb会議システムを活用したい方におすすめです。

まずは無料で試しませんか?

テレビ会議システム
LoopGate
無料トライアル
受付中!

今なら、テレビ会議システム「LoopGate」を貴社の環境で試せる無料トライアルを受付中です。
専用機ならではの映像・音声品質や操作性、パソコンと組み合わせて使える利便性などをご体感ください!

公開日: 更新日:

関連ページ

インタビュー・導入事例