クラウド化が進む一方で見られる「オンプレミス回帰」の展望

クラウド化が進む一方で見られる「オンプレミス回帰」の展望のイメージ画像

例えばZoomといったWeb会議システムのように、昨今はさまざまなクラウドサービスが登場する中一方で、クラウドの対義とも言える「オンプレミス回帰」という言葉が登場しています。

一般的には初期投資が抑えられて導入ハードルが低いと言われているクラウドサービスに対して、なぜ割高なイメージがあるオンプレミスに再び注目が集まっているのでしょうか。

そこで今回は「オンプレミス回帰」をテーマに、クラウド・オンプレミスのどちらが有用なのかを、実際の企業事例を交えてながらご紹介したいと思います。

海外では顕著な動きとなっているオンプレミス回帰

国内よりも早くクラウドサービスが広がっていた海外では、オンプレミスに回帰する動きも多く見られるようです。
中でも代表的な事例としては、ネット上でのファイル管理や共有サービスを提供し、日本でも多くのユーザーを獲得している「Dropbox」です。

Dropboxは元々、Amazonが提供するクラウドプラットフォーム(AWS)を使ってサービスを提供していましたが、現在はデータセンターを自社内運用に移行しています。

もちろん、クラウドからオンプレミス回帰を行うには理由があります。ではどんな理由があるかと言いますと、

オンプレミスの有用性

当初、コストパフォーマンスに優れているという理由で、多くの企業がクラウドサービスへ移行を進めましたが、いくつかの課題も現れました。一方で、オンプレミスにすることでその課題を解決させていったのです。

(1)セキュリティの課題

オンプレミスは自社内のインフラを利用するため、インターネット上のクラウドサービスに比べてセキュリティレベルを高める事が可能です。そのため、外部からの攻撃も受けにくく、強固なセキュリティ環境を構築する事ができます。

(2)コストパフォーマンス

クラウドサービスは導入コストを低く抑えられる一方で、従量課金制やサブスクリプションといった料金体系が複雑です。また、機能追加や利用者数の増加によるスケールアップなどとコストが読みにくく、予算管理がしにくいといった問題も発生します。
ですが、オンプレミスは導入から運用までの総コストが把握しやすく、予算が組みやすくなっています。

(3)パフォーマンス

インターネット上のクラウドサービスは、通信環境によってパフォーマンス低下や波が出てしまうのに対し、オンプレミスは自社の施設内に機器を設置し、自社で運用しているため安定したパフォーマンスを得る事が出来ます。

また、自社のアプリケーションの特性に合わせて自由にカスタマイズする事もできます。

一方でクラウドサービスが有用な理由は?

クラウドサービスの有用性をいくつかピックアップしますと、

  1. 社内にサーバーなどの設置が不要
  2. 既設サービスのためアプリケーションの開発が不要
  3. メンテナンスが不要で社内担当者の負担軽減

といったことが挙げられ、導入の敷居を下げつつ目的に沿ったサービスを利用できます。

オンプレミス回帰は方法の一つ、無理に回帰するものではない

以上の点から、それぞれにメリットとデメリットが存在します。ですので、クラウドとオンプレミスはどちらが優れていて、どちらが劣っているという訳ではないのです。それぞれの特性を活かして、適材適所どちらを利用するかの検討を行うことが重要となってきます。

具体的には、社内で共有するアプリケーションやデータなど、機密性の高い情報の保持や内部でのやり取りが多い場面では、オンプレミスの方が優位性が高くなっていますし、社外とのやり取りでの利用や導入・体制構築を急ぐ…といった場面では、クラウドの方が相性が良いと言えます。

Web会議・テレビ会議の場面においてはどちらを選ぶか?

Web会議・テレビ会議の場面においては、気密性の高い内部の重要な会議や情報のやり取りといったように、外部との接点を極力持たせたくない場合においては、オンプレミスの安全性に注目してはいかがでしょうか。
また、インターネットの通信状況に左右されにくい点もオンプレミス版テレビ会議は安定しやすいです。

一方で、社外の方との急な打ち合わせや、多くの視聴者が集うようなウェビナーといった場面では、クラウド型のWeb会議が向いています。

このような感じで、自社の状況に合わせた活用の場面を見据えて、それぞれのサービス導入を検討していただければと思います。

LoopGateは目的に合わせて導入体系が選べる!

最後に、弊社のWeb会議・テレビ会議LoopGateについてですが、
自社専用のサーバを導入するオンプレミス型LoopGateがございます。自社の目的や利用用途に合わせて導入体系を選べますので、どしどしコンサルタントにご相談ください!

関連ページ