画面に映っている自分をチェック。テレビ会議の画面の映りを改善するポイント

画面に映っている自分をチェック。テレビ会議の画面の映りを改善するポイントのイメージ画像

テレビ会議やWeb会議の時に気にしたいことの一つが、自身の拠点がどのように映っているのか?ということです。
自分としては、部屋の証明もつけて明るい環境にいるつもりでも、実際に映し出されている映像は思いのほか現実とは違うことがよくあります。最もよくあるのが、「暗く映っている」ということです。場合によっては表情が全く見えない映り方をしていることもしばしば…。

そこで今回は、テレビ会議における「画面の映り」にフォーカスを当てて、なるべく明るく綺麗に映るためのチェックポイントについてご紹介します。

暗い画面映りの自分はかなり損!?

カメラ映りが暗いと、表情が相手によく見えないどころか、影を落として陰気に見えるなど、よい印象を相手に与えることができません。新規商談やプロジェクト会議、上長との面談、採用面接など…、どの場面においても画面の明るさは実は超重要なのです。

損をする結果を防ぐため、よい表情が相手に伝わるように映り方を明るくみせるための工夫を意識していきましょう!

カメラ機器の性能によっては暗く映ってしまう

自分がいる場所は十分な照明で明るいため大丈夫と思いがちですが、実は現実そのままの明るさをカメラが映してくれるとは限りません。カメラ機器によっては明るさが結構変わってくるのです。

会議室に据え置きのテレビ会議専用機であれば、カメラも比較的良い性能のものを使用しているため、明るさが問題となるケースは少ないかもしれませんが、例えば、パソコンを使用したWeb会議などでは、ノートPCに標準搭載されているカメラを使用することが多く、この場合画面が暗いと思うことがよくあります。

画面を明るく見せるためのポイント

逆光対策

それでは、画面映りを明るくするには具体的にどうすれば良いのでしょうか。大きなポイントは光と自分の位置関係です。画面が暗いという場合、原因として最も可能性が高いのは「逆光」。光を背にして画面を見ると、人物が光の影になり暗くなってしまうため、画面の映りを悪くしているかもしれません。これを解消するには、自分が光に対して正面を向く形になり、そのポジションで画面に映ることです。晴れている日中であれば、日光の差す窓の方向を、夜間など外が暗いときは室内の照明の方向を向きましょう。

また、カーテンを閉めるなど部屋に光を入れる量を調整するのも手です。

別途光源を用意する

もし、間取りなどの関係で光の方向を向いて作業ができないという場合は、自分で都合の良い場所に光源を設置してもOKです。撮影時専用のライトなども販売されていますが、高価な専用アイテムでなくともデスクライトでも代用可能です。パソコンの横に置き、自分の顔を照らせるように位置を調整すれば大丈夫。なお、自分の左右どちらかに窓や照明など光源がある場合は、光のバランスをとるため、光源とは逆の方向のパソコン脇にライト設置しましょう。
また、ライトを下から照らしてしまうとホラーな映り方になってしまうので注意が必要です。

レフ板を使うのもアリ

そのほか、白い紙や板などを利用して、顔周りを明るく見せるのも1つの方法です。撮影をする際、使用される専門的なアイテムに「レフ版」があります。これは、光を反射させて被写体の明暗の差をなくすためのものです。実際のレフ板を使わなくても、白い紙などで代用することができます。自分の膝の上などに置いて調整すれば、顔周りの陰影がなくなり、さらに映りが明るくなるでしょう。

環境によっては明るくみせることが難しい場合も

画面の映り方を明るくする方法はいろいろありますが、環境によっては思い通りに工夫できない場合もあるでしょう。例えば、外出先は難しいと考えられます。自宅のように、自分で自由に作業する位置を決めたり、ライトなど光を調整するアイテムを使ったりするのに憚られる可能性があるからです。その場合は、できることだけ行い無理をしないようにしましょう。画面の映り方を優先し、外出先のルールを無視した勝手な行動をとらないよう注意が必要です。パソコンに取り付けられるような小型のライトを持ち歩き、外出先が使用可能な環境であれば使うなど、工夫してみてください。

カメラの角度・目線も重要

明るさや光の調整だけでなく、自分自身のカメラに対する目線やカメラそのものの角度調整も大事です。特に、ノートパソコンのモニタ上に装備されているカメラの場合、モニタの角度調整次第で明るさが改善する可能性があります。影を落とさない程度の角度調整を試してみてはいかがでしょうか。

そして、目線はモニタに向くのではなく、カメラに向くクセつけも意外と重要です。自分がコメントするときは、なるべく「カメラ目線」で話すと、顔が相手に向くように映し出されます。

自画面を移して事前にチェック!

よく、自画面を映さずに会議を進行させてしまうことがあります。相手に映し出される自分自身のチェックは、日頃の身だしなみのチェックみたいなものです。自身のカメラチェックも漏らさず行うことをおすすめします。

テレビ会議での暗い画面移りを解消して好印象を狙おう

テレビ会議での画面の明暗は、会議参加者からの印象に大きく影響する点です。そして、暗い画面映りは比較的簡単な工夫で解消することができます。自宅や外出先など、自分が会議に参加する場所を加味した上で、可能な範囲で明るさの調整を行ってみてください。

画面映りを改善して好印象を狙いましょう!

関連ページ