テレビ会議で音声が重要な理由とおすすめマイクスピーカーのご紹介!

テレビ会議で音声が重要な理由とおすすめマイクスピーカーのご紹介!のイメージ画像

テレビ会議をする際、音が聞こえにくくなったり、雑音が入っていたりすると、聞こえづらくなってしまいます。集中してテレビ会議をするためには、音声が重要です。音声が悪いと、会議をする人がストレスを感じてしまう場合もあります。そこで、テレビ会議における音声が重要な理由や音声機器の選び方・おすすめのスピーカーマイクをご紹介しますので、参考にしてみてください。

テレビ会議において音声は超重要

テレビ会議やWeb会議では、パソコンやテレビ上で遠くにいる人と会話をします。ただし、音声が悪いと聞こえづらくなってしまい、会議がスムーズに進みません。会議をする人も、話が途切れてしまうと、ストレスを感じてしまいます。また、重要な部分で聞こえないなどのトラブルもあるでしょう。そのため、テレビ会議やWeb会議を選ぶ際にはまず、音声品質に気を向けることをオススメします。

未発言時はマイクオフ

発言者以外は音声をオフにすると、雑音が入りづらいです。マイクが拾う音声が少ないと、通信負荷も少なくなり、音声や映像を含めた全体の通信トラブルを減らす期待もあります。

マイク位置は超重要

マイクは設置する位置にも気を配る必要があります。もちろん、スピーカーマイクにエコーやノイズキャンセラー機能があれば、それを使うと音声トラブルが改善する可能性がありますが、肝心のマイクの周りにノートパソコンのモニタなど、音を遮断しているものがあると音声トラブルの原因になりますので、スピーカーマイクの位置やその周辺には気を配る必要があります。

環境に合わせた設定調整・機材を選択

音声が悪いと会議にならないため、事前に音声の設定や調整をすることが大切です。まずは、どのぐらいの人数がテレビ会議に参加するかを把握し、会議規模に合わせて相手地点と接続テストを行い、最適な状態にしておきます。

使用する会議室の大きさを目安に選ぶ

スピーカーマイクの選択は環境に合わせたものを選ぶことがとても大事です。
狭い場所で話をする時には、遠くまで音を届ける必要はありません。一方、広い会議室で複数人が話す場合は、遠くの席にいる人の声も集音できるマイクが必要でしょう。

スピーカーマイクの機能は?

音声に関する機器を選ぶ時は、必要に応じて以下の機能があるかをチェックします。

  • ノイズ制御・エコー制御
  • 出力調整
  • ミキシング

ノイズ制御やエコー制御では音域周波数によって、必要のない音を制御してくれます。
出力調整は、自動で音声の入出力を調整してくれる機能です。
ミキシングとは、多拠点で接続している時に、複数人が同時で話せる調整機能になります。

会議に参加する人数を想定する

会議に参加する人数の想定もしておきます。集音範囲や連結できるマイクの個数・何人ぐらいの声を集音できるかなど、将来的な面も考慮に入れながら選択すると良いでしょう。
マイク・スピーカーは機器によって音声品質や機能も異なるため、今回ご紹介したチェックポイントは機種選びの参考にしてください。

最後に、弊社がオススメするスピーカーマイクをご紹介します。

広い部屋でも綺麗に音を拾うマイク「Chat150」

広い部屋でも綺麗に音を拾うマイクとしてオススメしているのが、クリアワンの「Chat150」。4~8人のグループ会議に適しているスピーカーマイクで、高い品質のオーディオコミュニケーションが実現でき、弊社テレビ会議「LoopGate」においても、推奨機器としてご案内しております。

Chat150に搭載された機能は、エコー・ノイズのキャンセラーや自動調整機能です。マイクが3つ内蔵されており、360°の音を集音できます。装置からの集音範囲は、約2.4mです。さらに同機を2つ連結する「カスケード接続」により、15名規模の会議にも対応できるようになります。

Yahoo!ショップにて販売もしておりますので、お求めの際は以下ページをご参照ください。

GingaSystem Yahoo!ショッピング店