IoTを使った働き方改革とは?

IoTを使った働き方改革とは?のイメージ画像

働き方改革の重要性が叫ばれる中において、いかに仕事の効率を向上させるかは企業にとって喫緊の課題となっています。そのために用いることができる手段としてIoTを用いた様々なツールがありますので、以下ではそれらについて見ていくことにしましょう。

IoTとは何か?

まず最初に、IoTとはどのような概念であるのか、その意味について見ておくことにしましょう。言葉は耳にしたことがあるものの、実際にその意味については良くわかっていないという人は多いのではないでしょうか。IoTというのは、Internet of Thingsの略であり、身の回りにあるすべての物がインターネットにつながって相互に情報の授受を行うことができるということを言います。もっとも身近なところでは、パソコンやスマートフォンはインターネットに接続することができる代表的な端末であるわけですが、それ以外にもテレビやビデオといったオーディオ機器や冷蔵庫やエアコンといった白物家電に至るまで、ありとあらゆるものがインターネットにつながって情報を送受信することができる社会が到来しつつあるのです。

IoTをどのように働き方改革に活かすか?

では、このIoTの技術を活かして働き方改革を成し遂げるためには、どのように用いればよいのでしょうか。その答えは一つではありませんが、例えば、テレビ会議システムを導入することによって、実際に出張しなくても、遠隔地にいるビジネスパートナーやクライアントと商談を行うことができる環境を導入すると言ったことが考えられます。これまでは、高い旅費や宿泊費などのコストをかけて顧客のもとに従業員を出張させていた企業が、その代わりに電話会議システムを用いてオフィスにいながら従業員が顧客に直接コンタクトできるようになれば、その分だけコストを抑制することが可能になります。加えて、移動に要していた時間が不要となることで、その分の時間を他の仕事に充てることができることから、労働生産性も向上することになります。このように、テレビ会議システムを導入するだけで、コストと労働生産性を改善することになり、従業員の報酬を挙げたり、労働時間を減らしたりすることが可能となるわけです。

また、テレワークを導入するにあたってもIoTは重要な技術となります。テレワークというのは、場所や時間を問わずに自由な環境で仕事をするという新しいタイプの就業形態なのですが、これを行うためには社外にいながらにして社内にいるのと同じような勤務環境を整えることが重要となります。ここで役に立つのが、IoTを用いた技術です。例えば、社内にあるシステムをインターネットに接続して社外からアクセスすることができるようにしたり、会社にある自分のパソコン端末に社外からログインして、その端末上でデータ作成などの業務を行うことができるようにすることで、会社に来なくてもまるで会社にいるかのような環境で仕事をすることが可能になるわけです。

これ以外にも、従業員同士のコミュニケーションを活性化させるために、社内専用のSNSを導入したり、従業員が思いついたアイデアを他の従業員も共有することができるように、クラウド環境にデータベースを構築して社内の誰でもアクセスすることができるようにするなど、IoTの技術を使えばイノベーションを起こすことは決して難しいことではありません。また、大規模なシステムと異なり、コストを抑えて導入することができるようなツールも数多く存在していますので、まずは関心があるものを選んで導入してみるというのでもよいでしょう。

IoTを導入して働き方改革を実現させよう

以上で見てきたように、すべての物をインターネットに接続させるというIoTの技術を用いることで、従業員の労働環境が劇的に向上し、それによってより少ない時間で多くの成果を上げることが可能となります。少しのコストで大きなリターンが期待できるため、働き方改革に取り組もうとしている企業であれば、ぜひその導入を検討してみるとよいでしょう。