テレビ会議・Web会議、「クラウド型(ASP型)」と「サーバ導入型」の違い

テレビ会議・Web会議、「クラウド型(ASP型)」と「サーバ導入型」の違いのイメージ画像

テレビ会議・Web会議で相手と接続する方法は、「クラウド型(ASP型)」「サーバ導入型(オンプレミス)」の二通りがあります。一般的によく使われるのはクラウド型による接続ですが、環境・状況によってはサーバを導入したオンプレミスによる接続…という選択肢もあります。

今回は、これら2つの違い、それぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

クラウド型(ASP型)のメリット・デメリット

クラウド型は、サービスの提供元が運用するサーバにアクセスすることで、サービスを利用します。このタイプのメリットは大きく2つあります。

  • サービスをすぐに利用できる
  • 運用管理の手間がかからない

サービスをすぐに利用できる

サービス提供元のサーバを使うため、独自でサーバを構築する手間が無く、すぐにサービスを利用できるようになります。また、サーバを購入する費用もかからないため、サーバ導入型に比べて初期コストを抑えられます。

サービスをテスト導入して運用してみる…といった手軽な使い方ができるのも強みです。

運用管理の手間がかからない

サーバ導入型の場合、設置の他に保守管理も必要ですが、クラウド型は運用管理の手間も省けます。また、サーバの管理は有事の際に対処するための専門的な知識を持った担当者が必要になります。

クラウド型のテレビ会議・Web会議のサービスを利用する場合、サーバ利用料が含まれるのが一般的です。ちなみに、無料サービスはこの限りではありませんが、代わりに利用できるサービス範囲に制限があるのがほとんどです。

サービス提供会社のサーバに依存する

また、こういったメリットがある一方で、デメリットも存在します。
クラウド型は共用サーバであるがゆえ、多くの方が接続して高い負荷がかかっている場合があり、一時的にサービスにつながりづらくなるリスクがあります。場合によっては停止されてサービスが利用できないこともあり得ます。

利用頻度が高い場合は高いランクのプラン契約が必要になるなど、長い目で見た時にトータルコストが高くなる場合もあるため、この辺は運用コストと比較して見極めるのも方法の一つです。

サーバ導入型(オンプレミス)のメリット・デメリット

自社ネットワーク内に専用サーバを設置し同時接続を実現します。このタイプのメリットは大きく2つです。

  • セキュリティレベルが高い
  • 運用の自由度が高い

セキュリティレベルが高い

サーバ導入型は、文字通り自社のネットワーク内にサーバを設置するので、よりセキュアな環境でのテレビ会議運用が可能となります。通信を暗号化することで更にセキュリティは強固になります。

運用の自由度が高い

サーバ導入型は、構築から運用まで自社で行うことができます。そのため、クラウド型(ASP型)と比べてトラブル発生時に原因の切り分けも行いやすくなります。

テレビ会議をする際の接続先となる仮想の会議室も自社で設定できるなど、運用設定方法に自由が利きます。自社内の利用頻度が高い場合でも、ランニングコストが安く済むというメリットも付随してきます。

導入体制が必要

前述したように、サーバ導入型(オンプレミス)は導入コストと保守運用、それに管理体制といった準備が必要になります。それに、一度導入をすれば買い替えや変更など取り回しが利きにくいです。
このため、導入の際には十分な検討が必要となるでしょう。

特にセキュリティの観点で考えると、オンプレミスは非常に安心感のある選択肢です。導入のハードルこそは若干高いものの、安定性や信頼性は非常に高いと言えます。
導入コストやセキュリティの必要性、利用頻度など複合的に考えてご検討いただくことがおすすめです。

今後のビジョンを見据えてサービスの選定を!

テレビ会議・Web会議サービスの普及はコロナ禍で拍車がかかり、一気に注目度が増しました。急手で準備したサービスの利用により、課題や必要なことも浮き彫りになっていると思います。

社内での利用実態を考慮し、
改めてサービスの選定を行いませんか?

LoopGateは、サーバ導入型(オンプレミス)にも対応したテレビ会議・Web会議システムです。無料デモンストレーションも行えますのでぜひご連絡ください!

関連ページ