複数拠点を同時に接続してテレビ会議を実施する方法

networkテレビ会議システムの普及に伴い、何箇所かを同時に接続してテレビ会議を実施したいというニーズも増えてきているようです。今回は、複数拠点を同時に接続してテレビ会議を実施する2通りの方法「クラウド型(ASP型)」「サーバ導入型」を特徴と共にご紹介します。

クラウド型(ASP型)

サービス提供元が運用するサーバに各地点からアクセスし、同時接続を実現します。このタイプのメリットは大きく2つです。

  • スタートしやすい
  • 運用管理の手間がかからない

クラウド型(ASP型)のメリットそれぞれについて掘り下げていきます。

  • スタートしやすい

提供元のサーバをそのまま使うわけですから、構築の手間もありません。お申込み後、比較的短い期間でのスタートが可能です。また、サーバを購入する費用もかかりませんし、もう一方のサーバ導入型に比べ初期コストを抑えることもできます。逆に言うと、サーバなどの機器を購入しませんので、運用開始後、万が一利用が定着しなかった場合などに乗り換えやすい、とも言えるでしょう。

  • 運用管理の手間がかからない

自社内にサーバが無いので運用管理の手間はかかりません。また、サーバ運用管理のコストはサービス利用料に含まれているわけですから、自社で運用するサーバ導入型と比較した場合に、共用サーバを利用するクラウド型(ASP型)のほうが一人あたりの額は少ないということも言えます。

 

また、こういったメリットがある一方で、共用サーバであるがゆえ、高い負荷がかかっているような場合には、一時的にサービスに繋がりづらくなるリスクがあったり、利用頻度が高いユーザの場合、長い目で見た時のトータルコストが高くなってしまう、といったデメリットもありますが、今までテレビ会議システムを利用したことがなく手軽に始めたい、とお考えの方にはメリットのほうが大きいタイプと言えるでしょう。

 

サーバ導入型

自社ネットワーク内に専用サーバを設置し同時接続を実現します。このタイプのメリットは大きく2つです。

  • セキュリティレベルが高い
  • 運用の自由度が高い

サーバ導入型のメリットそれぞれについて掘り下げていきます。

  • セキュリティレベルが高い

自社ネットワーク内にサーバを設置するので、よりセキュアな環境でのテレビ会議運用が可能です。通信を暗号化することで更にセキュリティは強固になります。

  • 運用の自由度が高い

サーバ導入型は、構築から運用まで自社で行うことができます。クラウド型(ASP型)比べ、トラブル発生時に原因の切り分けもしやすいですし、テレビ会議をする際の接続先となる仮想の会議室も自社で設定できますので、利用したいときに利用できます。ユーザの利用頻度が高い場合も、ランニングコストが安く済むというメリットも付随してきます。

 

一方で、最初にサーバを購入し、設置することになりますので、どうしても初期コストがクラウド型(ASP型)に比べ高くなってしまう点や、一度買ってしまうと買い替えやサービス乗り換えがしづらい点などはデメリットと言えるでしょう。運用を自社の管理下に置きたい場合や、ある程度の利用頻度が見込まれるような場合にはサーバ導入型の方が向いていると言えそうですが、高額な初期コストがかかってしまい、また、乗り換えもしづらい点なども踏まえると検討は慎重にすべきでしょう。

 

まとめ

複数拠点を同時に接続してテレビ会議を実施する方法は「クラウド型(ASP型)」「サーバ導入型」の2種類に大別されます。それぞれにメリット・デメリットがありますので、どのような利用をしたいのか見極めてご検討下さい。