必見!リモート接客が人手不足の解消につながる3つの理由

必見!リモート接客が人手不足の解消につながる3つの理由のイメージ画像

現在、日本の労働人口不足が深刻な問題となっており、その状況は今後さらに悪化すると推測されています。
総合人材サービス パーソルグループのパーソル総合研究所と中央大学の共同研究による、「労働市場の未来推計2030」によると、

2030年の人手不足の推計値は、7,073万人の労働需要に対し、6,429万人の労働供給しか見込めず、およそ644万人不足となり、2020年現在の384万人から1.6倍以上もの値が増えると予測されています。

出典参考
パーソルグループ パーソル総合研究所 https://rc.persol-group.co.jp/
労働市場の未来推計 2030 https://rc.persol-group.co.jp/roudou2030/

産業別に詳細を見たところ、サービス業や医療・福祉、卸売・小売は特に深刻です。このような情報データを見ても、いかに将来に向けて早めの人手不足対策を講じておくことが必要であるとわかります。

リモート接客はそんな人手不足対策の一つを担えるツールになりえる可能性を秘めています。

リモート接客が人手不足対策になれる理由

それでは、リモート接客のどのような点が人手不足対策になりえるのか、その理由を3点挙げていきましょう。

1.一つの拠点で複数の拠点の対応が可能に

一拠点にいるスタッフが複数拠点を対応できるようになり、少ない人材をコールセンターなどの拠点に集約配置できるようになります。窓口担当をリモート接客ツールで担うことができるため、拠点の場所は問わず多店舗展開が可能になるのもメリットです。

コールセンターには専門知識を持ったエキスパートを配置できるため、対応品質も向上します。

2.人事採用が効率良くなる

スタッフの人事採用が拠点ごとに展開する必要が無く特定の拠点のみとなるため、採用活動の効率が良く人事担当者の負担も少なくなります。研修面についても同様です。

また、業務内容にもよりますが、リモート対応は在宅ワークとの相性も良いため、子育て中の方や通勤が困難な人材が活動できる場が拡がります。こうした貴重な人材を採用できるのも魅力の一つです。

3.各担当が業務を専任できるため、業務効率化につながる

窓口業務が直接の場合、本来の業務と兼任するケースが多いと思いますが、この場合本来の業務が停滞してしまう恐れがあります。こうなると、本来こなせる筈だった業務が時間内に終わらず、慢性的な業務負荷増加と人手不足に陥ります。

リモート接客はエキスパートに直接つながるため、窓口業務の負荷を解消できる上、顧客にとっても満足度の高いサービスが受けられるようになります。

業務の流れにリモート接客を組み込む

リモート接客は、単にツールを導入するだけでなく、いかに今の業務に上手く組み込むか、もしくはツールの特性を活かして業務の流れやルールを変化させるかが重要になります。

それが上手くマッチすることで、全体の改善につながっていくでしょう。

リモート接客ツール活用の一例

例えば、窓口の受付のみをリモート接客に担わせて、まずはコールセンターなど一つの箇所で対応。その後適切な専門部署や担当に振り分けるという連携をはかるようなルール制度を敷くことで、担当部署が窓口を担う必要が無くなり、専門的な案内に専念できる…というような実際の事例もあります。

テスト導入も手段の一つ

導入に際しては、体制面やルールの変更の方が大変なケースもありますが、例えばテストで限定的に導入運用するなど、徐々に仕組みを変化させていく…といった方法も、突然の大きな変化で混乱を招かず有効かと考えます。

リモート接客の導入で人手不足対策を!

労働人口不足の波を止めることは、実質難しいと予測されます。そのため、今の流れを変化させる有効なツールを導入し、対策を行う必要があると考えます。

テレビ会議LoopGateは、リモート接客・無人受付の仕組みにも適用でき、導入事例も増加しています。企業様によって、状況や条件はことなると思いますので、弊社コンサルタントがお話を伺い、最適な形をご提案いたします。

人手不足が業務の大きな支障となる前に、是非リモート接客や無人受付の導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

関連ページ