テレビ会議を利用した採用活動が注目される理由

テレビ会議を利用した採用活動が注目される理由のイメージ画像

リモートで仕事をする働き方が注目される中、オフィス以外で働くことも珍しくなくなってきました。テレビ会議システムはそんな多様化のムーヴメントに活躍を見せていますが、その活躍の場は採用活動にも拡がっています。実際に、テレビ会議システムを用いて社内見学を行う催しを行ったり、オンライン上で面接を行う企業が登場してきました。

では、テレビ会議システムを用いて採用活動を行うことにどのようなメリットがあるのでしょうか。

従来の採用活動に関する問題

従来の採用面接は企業の会議室などで行われていたこともあり、企業の本社に出向いて面接を受ける必要がありました。地方在住であれば首都圏の企業の採用面接を受けるなら移動に半日から1日かかることも珍しくはありません。その移動のために使われる時間を織り込んで就職活動をしなくてはならないという時間的な制約を生む理由にもなっていましたし、交通費や宿泊費は就職活動にお金がかかる、と言われていた理由ともなっていました。

就職活動に勤しむ側にしてみれば、そういった時間的なコスト、あるいは金銭的なコストは就職活動において非常にネックとなる部分です。

働き方が限られている優秀な人材にスポットが当たる

テレビ会議システムを用いた遠隔面接を実施することができれば、シンプルにより多くの人材と面接を行える機会が作れます。従来のように面接会場に赴いて面接を受けることが困難であったり敬遠していた人材が、企業の採用面接機会を得られるようになるのです。その結果、採用試験を受験する人材の裾野は従来の選考システムに比べて拡がります。

効果的に企業との面接機会が増えれば、企業は適材を選考するチャンスが拡がり、求職者も就業機会や自分にあった職に巡り会える可能性も高まると予測できます。

多様な働き方に理解を示していることもアピールできる

遠隔面接を行うことによってリモートワークに理解のある企業であることをアピール出来るでしょう。リモートワークを認めると、地方在住であっても首都圏の企業の一員として働くことが出来るようになります。

事情により会社への出社が困難である優秀な人材に、活躍するチャンスがあることをアピール出来るのです。こうしたこれまで採用することが出来なかった優秀な人材を獲得するチャンスを得られるのが、遠隔面接を行うことによる企業側のメリットと言えるでしょう。

多様な働き方・採用活動を積極的に取り入れてみては

多様な働き方が認められる現代社会では、採用の方法にも多様性が認められています。遠隔ではなかなか出来ない煩わしさを工夫する課題は確かにありますが、それをデメリットとして取り下げるより、メリットに注目し積極的に取り入れて効果を検証することが有効だと考えます。

直接会う機会ももちろん大切なので、100%遠隔にするというよりは直接と遠隔を上手くコントロールする必要はあります。働き方が多様化する現代だからこそ、今後も採用の方法についても多様化することが求められていくでしょう。

関連ページ