ADSLやスマホのテザリングなど…、通信速度の遅い回線でテレビ会議は可能なのか…?

ADSLやスマホのテザリングなど…、通信速度の遅い回線でテレビ会議は可能なのか…?のイメージ画像

昨今のネットワーク環境は、高速なデータ通信ができる光回線が当たり前のように普及が進んでいます。モバイル回線においても「4G」が行き渡り、さらには光回線よりも速い「5G」も拡がりつつあります。弊社サービスはISDNの時代から始まっていますが、ネットワークの進化は凄いものだなと感じます。

光回線や5Gは動画や音声データをよりスムーズにやり取りできるようになり、テレビ会議やWeb会議などのビジュアルコミュニケーションはかなり高品質になってきました。
一方で、LoopGateのよくあるご質問の一つに、「遅い通信回線でもできるの?」というものがあります。

ビジュアルコミュニケーションは映像と音声のデータをリアルタイムでやりとりするため、一定量の通信が発生します。光回線よりは通信速度が遅くなるADSLやスマホのテザリング(LTE回線など)の通信環境下で、テレビ会議は使えるのでしょうか?

ADSLやLTE回線でもLoopGateは利用できます

ADSLのでもLoopGateによるテレビ会議・Web会議は可能です。ADSL以外でも、フレッツ光ネクストやニューロといった光ファイバーや、ケーブルテレビにも対応しています。

また、LoopGateはWi-Fi対応しているので無線ルーター経由でつなぐこともできますし、4G(LTE)や5Gのデータ通信端末やテザリング経由での通信、あるいは完全閉域型のVPNサービス等でも利用できます。

ADSLでは回線帯域に注意

ADSLでテレビ会議システムを利用する場合、回線帯域について注意が必要です。ADSLでは利用場所がADSL回線の基地局から遠く離れている場合、通信速度が悪い場合があります。その場合でもADSL回線の「帯域調整」を行うことで回避できるケースがあります。

LoopGateで回線帯域を調整

LoopGateには通信速度を制限する(上限を下げる)こともできますので、通信品質が悪い場合には自動的にデータ量を低下させて、通信帯域を調整します。

また拠点間ネットワーク等で業務用のデータを優先したい、影響を与えたくないケース等では、通信速度の上限を下げることもできますので、業務への影響をコントロール可能です。例えば2地点間での通話の場合は、168Kbps~2Mbpsの間で段階的に上限設定ができます。

(※通信速度を下げる場合、映像の品質が若干低下します。)

スマホのテザリングにおける注意点

ティザリングでテレビ会議を行うと、データ量がかなりやばいことになります。容量を食う映像データをリアルタイムでやりとりするためです。そのため、例えば数ギガプラン加入のスマホでテザリングをして…とやった場合、その月は外でYoutubeを見ることは厳しくなるかもしれません。

モバイルデータ通信端末やスマートフォンのテザリング等でテレビ会議通信をする場合、データ量にもよりますが、1時間に1G程度消費する可能性もありますので、よく使う場合は通信プランを無制限にしておくか、上限のあるプランならば、使えるギガ残量を要チェックです。

環境下で利用できるか、できるだけ確認を

LoopGateは1週間の無料トライアルも行っていますので、お客様の環境での品質をご確認頂くことができます。正常な利用ができるのか、調整可能な余地はあるのか?といったことも、弊社のサポートを通じて試すことができますので、まずは一度トライアルを行ってみるのも有効です! 是非、お試しを!

(この記事は2015年2月12日掲載の内容をリライトしております。)

お問い合わせ

ADSL回線、モバイル回線でも使えるLoopGateについて、無償デモンストレーションなどお申し込みなどを承っております。

関連ページ

LoopGateパンフレット 無料配布中
テレビ会議・Web会議でお悩みならお気軽にご相談ください