【2021年版】ディスプレイスタンド人気おすすめ製品| 選び方・注意点も一挙紹介

【2021年版】ディスプレイスタンド人気おすすめ製品| 選び方・注意点も一挙紹介のイメージ画像

様々な用途で使用される「ディスプレイスタンド」。大型ディスプレイの低価格化も進み、ビジネスシーンにおいては各オフィスの全ての会議室に会議資料の表示やWeb会議等を目的として設置したり、あるいはショップ等ではデジタルサイネージ用として広告を表示するために設置されるケースも増えてきました。
ディスプレイスタンドを購入する際は、機種ごとの微妙な違いを理解し、用途や目的にあったものを選ぶことが大切です。

しかし、ご購入を検討するも、どれを選んで良いのか判断に迷われている方もいるのではないでしょうか。
購入してから「イマイチ合わない…」を防ぐためにも、ディスプレイスタンドの選び方とおすすめの製品をご紹介します。

是非、ご参考ください!

製品選定のポイント

利用イメージと設置場所を想定する

ひとえにディスプレイスタンドといってもたくさんの種類がありますが、利用イメージや設置場所などで選ぶ製品のタイプは変わると思います。まずは利用のイメージと設置場所をあらかじめ想定すると製品のタイプが決めやすいです。

カメラの位置や、テレビ会議端末の置き場所、会議室の机との距離…スペースなど。
普段見慣れた会議室やオフィスフロアの中でも、スタンドを設置すると雰囲気や人の導線までもガラッと変わるかもしれません。

  • 設置予定のスペースに置いたらどうなるのか?
  • 設置スペースの寸法は?
  • ディスプレイスペースの寸法は?

これらを十分に把握しておくと良いです。

ディスプレイサイズとネジピッチをチェック

次に、ディスプレイサイズの確認も重要です。各製品には、ほぼ必ず対応ディスプレイサイズと積載重量が決まっています。
それと、実際にディスプレイを取り付けるネジピッチ(ネジの位置)のチェックも重要です。これが合わないと、そもそも取り付けができないため、別途変換の金具が必要になる場合もあります。

特長別おすすめ製品のご紹介

利用シーンに合わせたディスプレイスタンドのオススメ製品をご紹介します。
※掲載している製品は、それぞれの取り扱い企業様Webサイトの商品掲載情報に準じていますが、予告なく内容が変更される場合があります。

ディスプレイの位置や部屋を移動する

ディスプレイの位置を移動するなら、スタンドにキャスターが付いているタイプがオススメ!
会議内容によって会議室のレイアウトが変わる使い方をする場合には重宝すると思います。

ディスプレイ位置の固定、壁面寄せ設置

邪魔にならないコーナー設置向け

展示会ディスプレイやサイネージにも最適

その他、特長的なスタンド

ご相談ください!

ディスプレイスタンドのご相談もお受けしております。お気軽にご相談下さい。

ディスプレイの通販

ディスプレイスタンドの通販も行っております。
こちらからのショップもご利用ください!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/gingasystem/

関連ページ