脚光を浴びる時差Biz!意外にも大きい効果

時差Bizへの期待が増しています。生産性や効率性を落とすことなく、働く人々にとって魅力的な働き方や時間の余裕が生まれるというものです。通勤の時間帯をずらすことや、通勤自体をなくすという画期的な取り組みに熱い視線が注がれています。詳細について見てみましょう。

改善の余地あり!一極集中の打開策とは

時差Bizについてご存知でしょうか。時差Bizとは、通勤時間帯のラッシュの状況を緩和するための取り組みであり、東京都も主体的に活動を見せていることでも知られています。確かに東京都をはじめとした首都圏における通勤ラッシュについては、以前から注目されてきました。しかしながら、一極集中の事態が変わることはなく、現在に至っているというのが現実です。「どのようにしたら快適な通勤を実現することができるのか」というテーマに向けての取り組みが待たれる中、時差Bizへの期待が増しています。

通勤時間をずらすというのが、時差Bizの具体的な取り組みです。満員電車に代表されるような、通勤ラッシュの状況はさまざまな面において、望ましくはありません。先ず何よりも過度な混雑状態が続くことで、電車の遅延や乗客同士のトラブルなどが発生しやすくなります。また、狭苦しいや息苦しいなどの肉体的に辛いこともさることながら、精神的にも決して好ましい状態とはいえません。現に満員電車での通勤がネックとなり、会社を辞めてしまうという人もいるほどです。このような点からも、もはや社会問題化の様相を呈しているといっても決して言い過ぎはないでしょう。

家庭生活も充実

通勤の時間をずらすことは会社員や公務員の少数だけが行っても意味はありません。あくまでも組織全体で一丸となって取り組むことが重要です。始業の時間を変更することに、消極的な企業が多いことも、これまでの日本企業の特徴でした。理由としては、取引先や仕入先などの企業やクライアントの理解を得ることが難しいことなどが挙げられます。このような点も踏まえ、自治体である東京都が主体性を持って時差Bizに取り組んでいることも、機運が高まっていることの要因の一つといえるのではないでしょうか。できる限りに参加する企業や自治体を増やすことで、時差Bizの認知度が向上し、盛り上がりにつながっていきます。

時差Bizがここまで注目されているのは、導入することによるメリットが想像以上に大きいことが理由です。「働き方改革」や「ライフワークバランス」という言葉を耳にする機会が増えてきました。いずれも国家レベルで叫ばれるほどのテーマにもなっており、大企業を中心に徐々に中小企業にも浸透させていこうとなっています。長時間労働や長時間残業、休日出勤などを避け、早めに仕事を切り上げて育児や家事、余暇の時間に充てるというものです。仮に1時間早く帰宅することで、家族そろっての夕食や後片付けなどの時間ができれば、家庭生活もより充実したものになります。

新たな働き方にも注目!

生産性や効率性を落とすことなく、さまざまな改革に取り組まなければならないのが企業の本音ではないでしょうか。激化するグローバル競争に取り残されてしまっては、元も子もありません。しかしながら、時差Bizの導入はそのようなリスクや懸念をも払拭するだけの要素を持ち合わせています。最新のITスキルを使って行う「テレワーク」も時差Bizにつながる新しい働き方といえるでしょう。自宅のパソコンなどのデバイスを使って仕事をすることで、通勤にかかる時間や交通費を削減できます。以前の日本では想像することもできなかった新たなスタイルです。

徐々に広がりを見せる時差Biz

時差Bizは、国家主導で進められている働き方改革やワークライフバランスを推し進めるものです。労働時間を変えることなく、始業時間だけを変更するというだけのシンプルなものですが、そのことで、家族との時間が増えるなどの変化が生まれます。

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。