会議室に置いておくと便利なグッズとは

会議を行うならば、日程を定めたり参加者を決める事も大切ですが、様々な道具を準備する必要があります。人や時間を確保しただけでは、思うように会議が進まない事が多いでしょう。スムーズに進行させるためには何が必要になるのかを、これから記していきます。

web会議やテレビ会議で必要になる基礎的な物とは

時代の変化に伴って、昔と比べると会議の形が大幅に変わってきています。パソコンやネットを利用したweb会議やビデオ会議を行う際には、必要な物や知識が多くなっているはずでしょう。例えば、会議の発言内容や映像記録などは、録音機能や録画機能を必要に応じて使用します。そして、自由に絵や文字などを書き足したり消したりできるホワイトボードは、アプリやソフトなどで代用できるようになりました。細かい資料作りや議事録なども、専用ソフトを使用すれば簡単に行えるでしょう。ですが初めて会議をする場合は、紙の資料やメモ用紙・ノートなどを念のために用意しておいた方がよいかもしれません。運用機器のマニュアルや、ソフトの説明書などもです。すぐに使用できるよう、紙類が散らばらないような収納グッズにまとめて、傍においておきましょう。

web会議やテレビ会議をするなら周辺機器を活かそう

手早く会議を進めるには、議事録を作成するソフトが必要不可欠ですが、さらに一通りの周辺機器グッズが揃っているとベストでしょう。web会議やテレビ会議を行ううえで、パソコンの中身や周辺環境が整っているなら、次はヘッドセットが必要になります。ありふれたグッズですが、会議を行う環境次第ではなくてはならない物になります。会議室の中に自分だけがいる場合や、他の部屋に声が響かない環境であれば良いですが、いつも快適な環境で会議を行えるとは限りません。周囲に配慮する必要がある際や、会議内容を外に漏らさないようにしなければならない時は、あった方が良いでしょう。購入する時には、ノイズキャンセラーのついた物を選ぶと、雑音が耳に届かなくなって良いです。

また、複数人で同じパソコンを共有する場合は、誰かが会議内容を聞き漏らさないように、スピーカーを用意しておく事が重要なポイントとなります。パソコンやテレビのボリュームをあげて対処する事も可能ですが、揃えておくのをおすすめします。その他に必要な物を挙げると、スマートフォンやタブレットなどもそうでしょう。会議を進めていくうちに、検索して調べたい事がでてきたり、メモしておきたくなる事があります。そういった時に、一台のパソコンであれこれやっていると、会話相手の顔が見えなくなったり、画面がごちゃごちゃして気が散ってしまいます。余裕があるのであれば、もう一台ネットに接続できるデバイスを手元に用意しておくと、会議がスムーズに進みます。

快適に会議を続けるために意外と見落としがちなグッズについて

会議が長時間に及ぶと、マウスやキーボードに触れている手が汗ばんできたりする事があります。疲労でむくんできたりする事もあるでしょう。そういった場合に備えて、ウェットティッシュやハンカチ、小型のマッサージグッズなどを、パソコンの横に置いておくと助かる事が多いです。また、長時間パソコンの前に座っている事で、腰に負担がかかる事を見越しているなら、椅子にクッションを敷いておくのもおすすめです。同じ姿勢でじっとしながら話し合う事が少なくないため、体に負担がかからないように気を配る必要があります。会議が長引き、小休憩をとるような事がよくあるというならば、すぐリラックスできるようにそれらのグッズを近くに備えておくと、時間を有効に使う事ができます。

まとめ

普段は使わないようなグッズでも、環境が変われば必要になる事があります。web会議やテレビ会議を行う際に基本的なグッズとなる、ヘッドセットやスピーカーを備えておく事はもちろん、会議が長時間になる事が見込まれる場合は、リフレッシュ用のグッズを、パソコン周りにおいておくのがおすすめです。

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。