増税を迎えるにあたってのコスト削減ツール活用とは?

これから訪れる増税対策の一つとしても、コスト削減ツールを前もって導入しておくことは非常に効果的な手段です。その中でも様々なコスト削減効果が認められてきた、テレビ会議の導入価値について詳しく紹介しています。

テレビ会議導入のメリットを知ろう!

2019年の10月にはついに消費税が増税されるとされていますが、これは今回だけに限った話ではなく長期的に様々なコストが増していく可能性が高い状態にあります。企業としてはコスト削減ツールの価値に目を向けて、有効に活用していくことが今後ますます求められていくことでしょう。テレビ会議の導入は移動経費の大幅な削減が以前から注目を集めていましたが、それ以外にも様々なメリットを秘めています。会議を直接するためには移動が必要なことは当然ですが、それに付随することのある宿泊費や飲食代、さらには「時間」までもが、実はすべて大切なコストであるということを忘れてはいけません。

今回の消費税増税には軽減税率が適用されるとは言え、やはり非常に幅広いシーンで影響してきます。そういった細かなコスト削減をカバーする意味でもテレビ会議導入は有効なのです。テレビのみで日常的な会議を効率的に消化することで、移動にかかってくる見落としがちな細かなコストすべてを削減することが可能ですし、何よりも「人間が快適な環境で仕事できる」という、ある意味もっとも重要とも言える大きなメリットもあります。

最近では働き方改革などが積極的におこなわれたり、ブラック企業をしっかり排除しようという機運が高まってきたりなど、日本の労働環境全体の問題を見直すべき時期にも差し掛かっていると言えます。なるべく社員の労力やストレスを軽減することで、結果的に作業効率が増す上に会社への信頼にも繋がってきます。単純なコスト削減のみならず「労働環境の改善や作業の効率化」の面においても、テレビ会議の導入は重要な役割を担っています。

一昔前とは違ってAIの導入などもすでに現実味を帯びてきていますし、時代の変化に伴ってあらゆる部分での適正化が求められる傾向が強くなっていきます。その変化に取り残されてしまわないようにするためには、できる部分から積極的に変えていくマインドが必要です。日本人は保守的で変化を恐れるというイメージが浸透している部分がありますが、これからはむしろ変化を好意的に受け入れて試していくような姿勢こそが企業のあり方を決めていくでしょう。

変化を恐れて変わろうとしない企業は、どうしても「昔の根性論」に終始してしまいがちで、労働環境を変えるという発想よりも先に「従業員にもっと働かせればいい」「いざとなれば首を切るように仕向ければいい」といったブラックな方向に走ってしまいます。増税などのコストが圧迫されるような場面に遭遇したときにも、やはり変わらないでしょう。それは短期的には通用しても、次第に負債が積もっていくようにして、いつか自分の首をしめることになるのです。

あらゆる意味でコスト削減ツールを前向きに導入していくという考え方は、長期的には思っている以上の恩恵をもたらしてくれる結果に繋がることが多いものです。「来たる増税に対していかに応じていくか?」という問題を一つとってみても、その企業の適応力が問われることになります。そこでうまく適応できる力を持っていれば、さらなる変化に対しても恐れる必要はなくなるはずです。改めてコスト削減ツールを有効活用することの価値について考えるきっかけとなれば幸いです。

まとめ

ちょうど消費税増税の時期を迎えるということでテレビ会議導入などの価値について触れてきましたが、もっとも重要なポイントは「前向きに変化する勇気」を持つことではないでしょうか。変化を恐れずにコスト削減ツールを有効活用しましょう。

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。