駆け込み需要も旺盛!消費税増税前のIT投資

10月に実施される消費税増税をめぐっては、さまざまな分野への影響が懸念されています。中小企業やスタートアップにとっては、いかにしてリスクを抑制できるかが重要です。そんな中、増税前のタイミングでの企業の取り組みに期待が寄せられます。その詳細について見てみましょう。

増税の前のタイミングが重要

2019年10月に消費増税が予定されています。軽減税率の適用など、さまざまな課題やリスクなどがクローズアップされていますが、どうやら今回は延期されることなく、実施される見通しが濃厚となってきました。導入されてから長い年月が経過した消費税ですが、これまでにも増税のタイミングに合わせての駆け込み需要が見られたことも記憶に新しいところです。前回の5%から8%に増税される時にも、住宅をはじめ、自動車や電化製品、インテリアなどと比較的高額帯のものが、増税を直前にしたタイミングで大幅に売れ行きを伸ばすことになりました。今回の増税でも、そのような事態が起こることは容易に推測することができます。

「駆け込み需要」といえば、なんとなく一般家庭を想像したくなりますが、実は企業を取り巻く環境においても、家庭と同様です。とりわけ、中小企業やスタートアップ、ベンチャーなどにとっては、たとえ2%の増税といえども、経営に与えるインパクトは決して少なくないでしょう。そういう意味では、経営者やマネジメントに関わる人にとっては、増税前にしっかりと手を打つことが求められます。特に、ネットワークサービスの活用が不可欠であることを考慮すれば、IT分野への取り組みは必須といえるのではないでしょうか。

必要となる先行投資

もはや、大企業はもとより、中小企業やスタートアップに至るまで規模やスケールメリットの大小を問うことなく、IT投資は必要です。ありとあらゆるビジネスにおいて、ネットワーク環境を使うことなく成功を導くことは難しいと言わざるを得ません。テレビ会議やweb会議などの導入が進んでいるのも、いち早く企業としての環境を整えたいという経営層の気持ちの表れといえるのではないでしょうか。確かにテレビ会議やweb会議の導入にあたっては、決して安くはないコストがかかることも事実です。株式を上場しているような企業は別としても、中小企業やスタートアップなどにとっては費用負担が重くのしかかることになるでしょう。

しかしながら、このようなIT投資が後々の企業の成長や繁栄につながることを思えば、極めて有意義な先行投資といえます。むろん、このような先行投資をするにおいても、増税前のタイミングで行った方が良いことはいうまでもありません。当然ながら、企業が行う設備投資や機器購入のために借入する資金などについては、税制優遇や所得控除の対象にもなるため、長い目で見れば意味のある投資です。システム開発や機器の購入などに多額の費用がかかっても、数年後に回収することができれば良いのです。

求められる将来性!IT投資がカギを握る

人工知能やビッグデータ、IOTなどとITにまつわるサービスやビジネスは増加の一途をたどっています。企業にとって求められるのは、それぞれのサービスの本質を見抜くことといえるでしょう。消費税増税の前という謳い文句や掛け声だけに惑わされて、不必要な投資をしてしまうことになれば、意味のない投資となるばかりではなく、企業にとっての損失や危機的状況を招くことにもなりかねません。パソコンやタブレットはもとより、ファックスや複合機など企業に備えられた設備機器をめぐっては、その全てがネットワークサービスに関連するものばかりです。そのことからもわかるように、IT投資の重要性が問われます。

まとめ

消費税増税前にテレビ会議やweb会議の導入に踏み切る企業も増えています。これは、少しでも費用負担を抑えたいという思惑からの取り組みです。時代の進行とともに、重要性を増すネットワーク環境への対応は必要不可欠といえます。

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。