在宅勤務とはどんな働き方なのか

国によって主導されている働き方改革の影響で、様々なワークスタイルで働く人が出てきました。在宅勤務というキーワードもよく耳にするようになりましたが、どのような働き方なのでしょうか。その概要と魅力を確認しておきましょう。

在宅勤務は自宅で働くワークスタイル

在宅勤務とはその名の通りで自宅で仕事をするワークスタイルです。業務内容によってはオフィスや工場などの現場に行ったり、クライアントを訪問したりしなければ仕事ができないこともあります。しかし、書類作成をしたり、イラストを描いたり、プログラミングをしたりするなどの作業であれば自宅で行うことも可能です。このような業務を自宅で行うワークスタイルが在宅勤務と呼ばれています。基本的には就労時間として定められている間は与えられた業務に従事することになりますが、オフィスなどで働いているときと違って通勤する必要がありません。また、働く環境も自分で整えることができ、周囲には同僚も上司もいないのが特徴です。

在宅勤務をすると自宅から出なくても仕事に従事できるのがメリットで、通勤にかかる時間と労力を削減することができます。また、休憩時間中は家事をしたり買い物に行ったりしやすく、会社側が裁量を与えてくれれば育児や介護をしながら働くことも可能です。業務に差し支えのない範囲であれば音楽を聴きながらでも、時折体操をしながらでも働けます。服装なども自由なので身だしなみを気にすることなく仕事に従事できるのが通例です。働き方の自由度が高いという点でよく注目されるようになり、制度として導入して運用を開始している企業も多くなってきています。

出社が必要なケースはないのか

在宅勤務をしているときでも上司や同僚とのコミュニケーションが必要になることがあります。意見交換をしたり、疑問点を質問したり、指示を仰いだりする必要が生じることは珍しくはありません。また、完成した書類を提出したいときもあるでしょう。会議を開いて情報交換をしなければならないようなときもあり、以前はそのときだけ会社に行かなければならないのが一般的でした。しかし、現在ではITを積極的に活用しているケースが多くなっています。

在宅勤務のときにはインターネットを使える環境を整えることが求められるようになりました。基本的には上司や同僚とのコミュニケーションをインターネット経由で行うシステムが整えられてきているのです。簡単な諸連絡や書類の提出などであればメールやチャットを利用して行うことが多く、込み入った話し合いのときにもテレビ電話がよく用いられています。また、多くの人が集まって会議をするようなケースでもテレビ会議システムを使い、ネットワークを通じて会議を行うのが一般的です。テレビ会議を使うと会議に参加する人が全員別のところにいても問題はありません。また、大勢が会議室に集まっているところに若干名がネットワークを通じて参加するという使い方もできます。

このように一見すると出社が必要なケースでもITを使うことで極力自宅で働けるようになっていますが、全く出社が必要ないかどうかはケースバイケースです。会社によっては週に一度は出社する仕組みになっている場合もあれば、クライアントとの会議のときにはテレビ会議での参加にせずに同行することが求められる場合もあります。しかし、テレビ会議を代表とするITの活用が進んでいることで出社日が減らされている傾向があり、在宅勤務を選ぶとほとんど通勤しなくて良い現場が増えているのが現状です。

まとめ

テレビ会議が広まってきたことによって在宅勤務をすると出社しなければならない日がほとんどなくなってきています。ワークスタイルを変えて自由度の高い働き方をしたいと思っている人は前向きに検討してみましょう。

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。