働き方改革とは?テレビ会議の導入など具体的な方法も知ろう!

働き方改革を実施する場合、テレビ会議の導入を検討するのも一つの手段です。働き方改革を成功させるためには、効率のいい働き方を見つけるといいでしょう。これから、働き方改革の概要やテレビ会議の導入についてご説明します。

働き方改革の概要とは?

働き方改革とは、多様な働き方を実現できる環境を作ることです。人口が減り続ける中、労働者不足の解消をする必要があります。そのためには、「労働人口を増やす」「出生率を上げる」「労働生産性を向上させる」の3つが大切です。この3つを実現できるようにする政策が働き方改革になります。働き方改革に関する法律は、2018年6月に成立し、2019年4月から実施されています。具体的には、長時間労働の是正や非正規雇用の待遇改善・柔軟な働き方が実現できる環境作りです。また、賃金引き上げや再就職支援・人材育成・ハラスメント予防などの取り組みもあります。

働き方改革で特に重要な項目とは?

違反をみつけた場合、監督指導をすることが必要です。監督指導をしても、労働者不足などが原因で改善できない場合もあります。しかし、働き方改革を本格的に始動することで、長時間労働の禁止や有給休暇の義務が発生し、長時間労働を減らせるのです。労働時間が減れば、病気になるリスクを減らせるだけでなく、プライベートを充実させやすくなります。

「柔軟な働き方ができる環境作り」も、働き方改革で重要な項目です。一般的には、平日の9時から17時までなど、会社が決めた就業時間にそって働きます。また、勤務先も決まっていて、出張などで外出する以外は社内のオフィスで働くことが多いです。しかし、労働時間や勤務場所を限定しているのは、柔軟ではない働き方としています。つまり、働く人が勤務場所や勤務時間を自由に設定できる場合、それを推進していくことが働き方改革なのです。特に、「テレワーク」が注目され、自宅やカフェなど好きな場所で働ける環境作りもしています。

テレビ会議の導入で、柔軟な働き方ができる!

テレビ会議とは、離れた場所にいる相手や会議室と、会話ができるシステムです。大型のテレビを使うことが多く、大人数で利用できます。テレビ会議を利用すれば、離れた場所にいる人同士が、会議やミーティングで会話を進めることが可能です。テレビ会議を利用しない場合、電話やメール・出張などで出向いて会話をしなくてはなりません。電話やメールの場合、相手の表情が見えず、適切なコミュニケーションが取れない可能性もあるでしょう。重大なことを決める時は、相手の表情や様子を察知しながらの方が成功しやすいです。つまり、テレビ会議で相手の様子が分かれば、円滑に話を進められます。

出張をする場合も、交通費や宿泊費がかかります。テレビ会議の場合、それらの費用を削減できることがメリットです。また、遠方に出向く手間も減り、労働時間の短縮にもなります。テレビ会議を導入する時は、テレビやインターネット回線などの初期費用が必要です。しかし、その後も上手に活用できれば、コストの削減になります。さらに、テレビ会議はインターネットを利用していますが、電話回線や公共交通網と比べると、インターネットの回線は災害時に強いです。働き方改革としてテレビ会議を導入していれば、災害時のコミュニケーションや確認にも利用でき、災害による被害を最小限にできる場合もあります。

まとめ

働き方改革を推進することで、労働時間や手間を減らし、労働生産性の向上が期待できます。働き方改革の一つとして、テレビ会議を導入すれば、経費や手間を減らしながら効率よく働けるでしょう。これを参考に、働き方改革について理解してみてください。

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。