テレビ会議導入事例「テレビ会議を利用したお見合いサービスを提供」

ryoen-no-daishin-photoテレビ会議の活用事例をご紹介します。今回の事例はテレビ会議システムを通じてお見合いサービスを展開している有限会社良縁の大進様の事例です。

導入の背景

有限会社良縁の大進様は、進物の大進グループの「結婚相手紹介サービス」部門として、 登録されているお客様に対し、結婚相手の紹介とお見合いの場を提供していらっしゃいます。結婚相手紹介サービスを提供するにあたり、課題となるのは、支店ごとに登録頂くお客様の数に差が出てくることだったそうです。 たとえば、支店Aでは男女それぞれ6,000名、支店Bではそれぞれ3,000名の会員がいるとすると、 同一の料金を支払っているにも関わらず、支店Aのお客様に比べ、支店Bのお客様は、知り合える相手の数が半分になってしまうことになります。実際には、交通費さえ払ってもらえれば、異なる支店のお客様同士でもお見合いをすることはできますが、一度も会ったことのない相手に高い費用を負担して相手に会おうと思うお客様は非常に少ないそうです。

同社では、課題の解決のためにテレビ会議システムを導入しましたが、検討にあたり重視したポイントは2つ。「操作が簡単であること」「土日もサポート窓口が対応してくれること」だったとのこと。接続はスタッフが行いますが、これは誰でも対応できなければならない為、操作が簡単であることは必須だったそうです。また、サービスの特性上、利用者が増えるのは土日祝日ですから、万が一システムに不具合が発生した時に対応してくれる窓口があることが必要だったそうです。

導入による効果

最初は直接対面するのとは違った雰囲気に照れくさそうにする方もいらっしゃったそうですが、好評を博し、テレビ会議利用から結婚に至ったカップルの割合も徐々に増えてういるそうです。また、そこで発生する引き出物を大進グループで手配して頂ける場合はグループ全体の売上にも寄与できるいった効果もあるそうです。

まとめ

受付や、窓口対応でのテレビ会議普及も進んでいるようですが、対面行っているサービスをテレビ会議に置き換える、という考え方をするとテレビ会議システムを使ってできるサービスが意外とあるかもしれませんね。

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。