テレビ会議システムを、提案する営業マンで選ぶ?

bsLIG_teiansurusu-tusugatanodanseiこれまでこのブログでも選ぶ際のポイントについて触れてきましたが、今回はこれまでのポイントとは少し違う視点「テレビ会議システムを提案する営業マン」にフォーカスを当ててみようと思います。

導入実績

ここでいう実績、とは、単純にどの企業に導入したか、という実績ではなく、例えば、検討している導入規模と同程度の規模のシステム導入実績や、同じような課題を抱えた企業の導入実績のことです。こういった、少し踏み込んだ内容が出て来る営業マンはより信頼が持てるのではないでしょうか。また、そういった案件の導入に携わったことがある、というような話が出てくるような場合は、提案する機器構成やスケジュールにより真実味も出てくると思います。

利用経験

担当の営業マンがユーザーとして使ったことがあるか(使っているか)、ということです。使っている営業マンは当然ながら、ユーザー目線でも話せる営業マンということになりますから、運用に不安をお感じの方に対して的を得た提案をしてくれる可能性は高いでしょう。

資格など客観的な評価

同じ製品でも営業マンに会う前にある程度提案元を絞りたい…というような場合は、メーカーの推奨する販売店に問い合わせる、という方法をとってみてはどうでしょうか。例えば、ポリコム社などは、販売・サポート、サービスレベルなどを基準にした、認定パートナー制度があるようです。こういった客観的な評価があると、同じ製品であっても提案の質や、導入後のサポートなど、運用までも見据えてくれる提供元を見つけることができるかもしれませんね。

まとめ

今回は貴方のもとに提案を持ってくる営業マンにフォーカスを当てました。

  • 導入実績
  • 利用経験
  • 資格など客観的な評価

検討時、単純なスペックや、費用以外にも参考にしてみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。