テレビ会議を社内に定着させるための4つのポイント

お客様からいただく問い合わせの中で、

「他社ではどのように(テレビ会議を)定着させているんですか」というご相談を頂くことがございます。
やはり、導入担当者の方の関心は導入後の利用状況ですよね。

誰でもが使いやすいものであること

テレビ会議を定着させる最大のポイントは『誰でもが使いやすいもの』である事です。

特別なシステムとしての位置づけではなく、水道・電気・電話等と同じように誰でもが普通に
使える事が大切です。

 

シンプルイズベスト

さらに、導入時には色々と新しい機能などを検討されますが、実際に使うことはまれです。
機能については、シンプルイズベストです。

 

直感的に使えること

直感的に使える事が大切です。

いざ、使おうとしても分からず、分厚いマニュアルを確認しながら使用するようでは、定着はしないと
思います。だから、直感的に使える事が大切なのです。

 

サポート体制

活用して行く中で、やはりわからない事もあると思います。

そのような時に相談や確認が出来る支援体制が整っている事も、長く定着させるために必要な事です。
何かわからない事がある度に管理部門が問合せを受けていれば、質問ばかりで業務上大変な事になります。

 

 

このような事は、長年テレビ会議システムを取扱い、多くの企業様と一緒に歩んできたからこそ分かる事です。

 

無料ダウンロード資料:テレビ会議導入ガイドブック


資料をダウンロードする

SNSでもご購読できます。