<テレビ会議に留まらず、朝礼・常時接続にまで拡大>
ワープゲイトはランニングコストも非常にお安く、また、会議中に何かあればサポートセンターに連絡すればいつでもすぐに対応して頂けるのもとても助かっています。コストや時間、サポート面は勿論ですが、お互い顔を見ながら話ができるようになり、相手の表情から理解しているかどうかが確認できる為、効率よく会議ができるようになったことを実感しています。

株式会社ニューレックス 様

株式会社ニューレックスは大阪、東京を拠点にコエンザイムQ10やアンチエイジングをコンセプトとしたサプリメントや大手メーカーの健康食品を全国に販売している商社です。
全ての人々の健康への理想を「栄養・Nutrition」、「休養・Rest」、「運動・Exercise」の3つのキーワードから提案し続けたい。 これが私たちの社名NUREXに込められた思いです。

導入の背景

従来は、大阪本社と東京営業所でそれぞれ別々に会議していた為、大阪-東京間で社員同士の意思疎通という点を課題に感じておりました。

また、大阪と東京が一緒に会議する場合は出張が必要になる為、それに伴う移動コストや時間も課題となっており、テレビ会議の導入を検討することになりましたが、導入コストがかなり安く済み、土日祝含めた24時間対応となっている等、サポート体制も充実しているワープゲイトを導入するに至りました。

常時接続の利用風景

導入による効果

ワープゲイトはランニングコストも非常にお安く、また、会議中に何かあればサポートセンターに連絡すればいつでもすぐに対応して頂けるのもとても助かっています。
コストや時間、サポート面は勿論ですが、お互い顔を見ながら話ができるようになり、相手の表情から理解しているかどうかが確認できる為、効率よく会議ができるようになったことを実感しています。

さらに快適な環境を求めて環境を整えていき、会議以外にも、さまざまな用途でワープゲイトを活用していくようになり、会社全体にテレビ会議システムが浸透しつつあります。
例えば、各社員が個別の打ち合わせや、ちょっとしたコミュニケーションでも使用し、上司との面談でも使うようになりました。

また、普段ワープゲイトは大阪と東京の会議室に常設しておりますが、最近ではどちらの事務所にも別途ワープゲイトを設置し、朝礼で使用するようになりました。

さらに、朝礼以外の時は常時繋ぎっ放しの状態にしており、遠隔地同士で一緒に仕事しているように感じられ、テレビ会議導入前に比べ、大阪と東京で一体感が出てきたように思います。

 

ご利用風景

今後の展望

社内でワープゲイトを使う頻度をさらに上げていくのが今後の課題です。
電話ではなく、できるだけ相手の顔を見て話ができるようにすることで、意思疎通がスムーズになり、全ての人々の健康への理想を「栄養・Nutrition」、「休養・Rest」、「運動・Exercise」の3つのキーワードから提案し続けられるものだと思っております。

今後は、講習会や勉強会等、コミュニケーションツールとして、ワープゲイトを幅広く利用していきたいと考えております。

他の事例を見る

同じ業種の事例を見る

同じ活用シーンの事例を見る