<複数のWEB会議を利用したが音声品質に課題>
あらゆる業種のスタッフやオーナー様はもちろん、お客様にも優しい、豊富な機能をそろえたPOSシステム「SOSIA POS SALON」を開発するジオベック。東京での案件増加に伴い出張の回数も増え、自然と取引先で既に利用されていたWEB会議を利用するようになった。社外会議・社内会議で多数のWEB会議を利用する機会を持つが、音声を中心に円滑なコミュニケーションの実現に課題を抱えていた。

株式会社ジオベック 様

SOSIA POS SALONはあらゆる業種のスタッフやオーナー様はもちろん、お客様にも優しい、豊富な機能をそろえたPOSシステムです。
SOSIA POSはサロンワークをスムーズに進められるように考えつくされたレイアウトとメニュー構成になっています。
お客様が予約される時から来店されて退店されるまでのサロンワークを徹底効率化。
さらに、来店促進、分析、報告までサロンワークに必要な機能がすべて揃っています。
ASPのサービスなのでパソコンがあればどこでも売上等の確認ができ、サロンワークをさらに効率化できる多数のSOSIA関連ソフトとの連携が可能です。

業種:
活用シーン:

導入の背景

複数のWEB会議を利用したが音声品質に課題

大阪のほか、東京とベトナムに事業所を持つジオベック。 同社では、東京での案件増加に伴い出張の回数も増え、自然と取引先で既に利用されていたWEB会議を利用するようになった。ワープゲイト導入前は、無料で利用できるWEB会議、チャットツールに組み込まれたWEB会議、モバイル対応のWEB会議を活用。 どのサービスにも特長はあったが、「音が途切れる」「音がこもる」「一人ではっきり喋らないと相手に伝わりにくい」「雑音が聞こえる」など円滑なコミュニケーションの実現に課題があったと同社のワープゲイト担当者は振り返る。

導入の決め手

ワープゲイトは専用機でありながら低価格

ビデオコミュニケーション製品には、大きく分けて専用機とWEB会議の2つの製品カテゴリーがある。同社では課題を解決するため専用機の検討を行ったが、調べた製品はとても高価なものだった。
ワープゲイトは専用機でありながら低価格帯の製品であり、WEB会議で抱えていた課題を解決するためのコストパフォーマンスが高かったことが導入の決め手だ。

ご利用風景

導入による効果

ワープゲイトで円滑なコミュニケーションを実現

WEB会議の時と同じ通信回線、ネットワーク配線でワープゲイトを導入したが音声の課題は解決されている。
以前は、相手側の地点で会話が盛り上がっていても、相手側が複数人で同時に話をしていると聞き取ることができなかった。ワープゲイトではこのようなことはなく、聞き返す必要もないため円滑な会議を開催できるようになった。最近はワープゲイトを利用した会議の頻度も増え、各チームの進捗状況を迅速に共有できるようになっている。

ワープゲイトは、WEB会議利用時と同じく営業進捗会議、開発進捗会議で利用。また、同社ではワープゲイトを内線電話の代わりとしても活用している。ワープゲイトはハンズフリーで利用できるため、パソコンでの作業と並行しながら会話できる。また、ワープゲイトではワンタッチボタンで相手と接続できる点が、内線電話のような手軽な利用方法につながると同社のワープゲイト担当者からお話をお聞きできた。

他の事例を見る

同じ業種の事例を見る

同じ活用シーンの事例を見る